FC2ブログ
時間学、どうすれば時間を長くすることができるか
野口先生と山中先生の「メンタルコンシェルジュ」のセミナーで千葉大学の一川先生のお話を聞きました。テーマは、『「時間学」から考える「時間をゆっくり進める方法」』。一川先生は時間学会の現会長でもあられます。時間学って、物理学、化学、生物学、医学、心理学、哲学、社会学、文化人類学、歴史学、文学といった様々な学問分野を横断する融合的研究分野なのです。

同じ時間なのにやけに短く感じるとき、長く感じるとき、ありますようね。そのような主観的時間の長さに影響を与える要素というのを伺いました。これを逆にうまく利用すると、主観的時間の長さを調整できる可能性があるわけです。これ、凄いことですよね。

①身体の代謝
代謝が激しくなると、時間の長さが伸びる。若い方が年寄よりも代謝は激しく、時間の長さが伸びる。昼の方が夜よりも時間の長さは伸びる。発熱している方が、低温の時よりも時間の長さは伸びる。

②体験されるイベントの数
体験されるイベントが多いほど時間が長く感じられる。逆に少ないと時間は短く感じる。ディティールに注意を向けるほど、時間は長く感じる。

③時間経過に注意が向けられる回数
時間経過に注意が向けられる回数が多いほど、時間がたつのが遅く感じられる。

④他の知覚様相の刺激強度との関係
よく説明ができませんが、数が多いほど、面積が大きいほど、明るさが明るいほど、数値が大きいほど、時間は長く感じる。

⑤感情との関係
特に強い恐怖は時間を長く感じさせる。喜び、驚きも強いと時間が長く感じる。

⑥繰り返し、慣れ
繰り返される事柄の時間は短く、新規な事柄の時間は長く感じやすい。

わかったようなわからないところもあるような感じがします。ただ、以下の酒吞みあるあるの2つは、少し説明が可能なように思いました。いかがですか。

①一人酒をしていると、短時間でどんどん梯子酒をする
②呑み会は途中から時間の経過が早くなり、すぐに終電の時間になる

新・酒場探訪シリーズ004 山ちゃん① 
※黒ホッピーの似合う店。
新・酒場探訪シリーズ004 山ちゃん②
※つい引き込まれる概観。
新・酒場探訪シリーズ004 山ちゃん③ 
※重ネ

新・酒場探訪シリーズ004 山ちゃん@蘇我 ~どこの街にも素敵なコの字酒場が一軒はあるなぁとあらためて思う店。コの字カウンターと小上がりからなります。内房線から京葉線に乗り換える途中で立ち寄りです。閉店ぎりぎりでメニューのホワイトボードはもう真っ白(すべて売り切れ)。焼鳥も刺身もありますが、ここで必ず注文するのは名物の「重ネ」。これだけはありました。凄いボリウム。モツ煮込みと豆腐煮込みをあわせ生玉ねぎのみじん切りをこれでもかと乗せます。船橋の店でも同じメニューをみますが、この玉ねぎの激しさは違います。千葉はいいところです。






スポンサーサイト
【2018/11/04 23:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特別支援学校の先生の実習から
自分がやっている障害者特例子会社。毎年、夏休みの期間に、特別支援学校(一言でいうと障害者向けの学校)から、先生に企業実習に2週間来ていただいています。最初は行政から依頼されてのスタートですが、毎年たくさんの気づきを私たちにもいただけるので、是非、来ていただきたいプログラムになってきていま。

この夏、こられた先生。とても素敵な先生でした。当社の社員にしっかり入り込み、濃厚な2週間を過ごしていただけたんじゃないかと思います。平素は知的障害の方を中心にみられているようですが、精神障害が多く多様な障害が混在する職場を「自分のところとは違う」ととらえずに、真正面から受け止めてくださりました。少しでも「違う」と感じてしまうと、違いばかりに目がいき、それが不平や不満にさえつながります。「違う」こと自体が多様性ですから、それを素直に受容されていた姿に素晴らしいと感じました。

最終日の終礼で、その先生が語られたことから、2つをご紹介したいと思います。

「自分のいる世界を出て、外の世界を知ることが実に大切だということが実感できた。日常は、障害者の支援だけを考えていて、社会(企業)で働くということをリアル考えていなかった。社会ではいろいろな気づきと出会いがある。直接は関係がないと思たことも、知識として生かすことができることを理解して気持ちが高められた」。

「自己理解は他者理解につながると、他者理解は自己理解につながる。他人のことがわかれば、自分のことも見えてくる。お互いを知ることにより、仕事仲間との関係性が高まり、視点を変えることで自分のことや他人のことを理解することが深まってくる」。

こういうコメントを伺うと、来年も素敵な先生をまた受け入れたいと思ってしまうものです。毎年、こんな感覚をいただいています。「先生」ってまだまだ素敵な人がついている職業なんだと、少し安心もします。

新・酒場探訪シリーズ001 味の文化城① 

新・酒場探訪シリーズ003 味の文化城③

新・酒場探訪シリーズ003 味の文化城②

新酒場探訪シリーズ003 味乃文化城@熊本 私のパワースポット「古今伝授の間」に行く途中で出逢えたお店。基本、ラーメン屋ですが、立派に酒場でもあります。超ご高齢のご婦人1人で営業。亡き旦那のお話を聞きながらラーメンを食べると、来年も絶対にここに来たいと思います。ガス代がかかって仕方がないという茹で釜。なかなか見られない歴史的な一品です。熊本に来てよかったはたくさんあるのですが、その一つですね。間違いなく。で、ラーメンは380円です。









【2018/09/25 22:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
顧客が職場で人を育ててくれているという事実
昨日、学会のリフレクションの話を書きましたので、少しリフレクションを。

私の今回の担当は、部会10の司会者と、総会の議長。サボれないように両日にわたって配置されています。いずれも、かなりカミカミでしたが、それなりにお役を務めました。特に司会をさせていただいた部会の発表者の皆様、ありがとうございました。学会の運営側に回って、部会の進行を初めてやったときは、学会独特の全員がお互いに「先生」付けで呼ぶのにとても違和感がありました。先生ではあきらかにない私も「先生」と呼ばれるのです。なので、当初は私は「先生」付けではなく、「さん」付けで進行をやっていましたが、最近は面倒なので進行などの公式な立場のときは「先生」付けをするようになりました。組織社会化ですね。
もう1つ、変えてはいないポリシーがあります。それは、スーツ姿では絶対に行かないことです。大学の先生方からみると、学会はonの場なのかと思いますが、私にとっては完全なoffの場です。offの場にいくのにスーツを着るのは冠婚葬祭だけで十分です。なので、学会には司会だろうが、発表だろうが、議長だろうがスーツは着ません。ただ、議長のときだけは、失礼になるといけないので、シャツの裾をズボンにちゃんと入れて登壇しました。このきめ細かい配慮(?)、気づいた人、いたでしょうか。

と、こういうくだらないことを書くつもりではなく、最後のシンポジウム「人材育成とキャリア形成~OJTへの多様なアブローチ」から感じたことを書こうと思ってたのですが…。

ということで、少しだけ書きます。
中原先生の語りの中で、今回の本論そのものではないのですが興味深い話がありました。「職場学習論」で取り上げられた「上司」「先輩・上位者」「同期・同僚」「部下・後輩」による、「業務支援」「内省支援」「精神支援」が成り立っている職場は、実は大企業だけであり、日本の大半を占める中小企業ではそもそも十分な登場人物がいないし、実務に翻弄されていてこれらの支援が十分に行き届いていない。それを補完している存在が実は「顧客」であり、中小企業の職場における人材育成は「顧客」によって担われている側面が少なからずあるというのです。

ここから強く感じたことは、2つ。学会などで著名な先生らがせ取り上げる「日本企業」というもののほとんどが伝統的日本企業を指しているというのは、常々感じるところです。個々には歩かれているのかとは思いますが、総体として語るとやはり伝統的大企業が前提にあります。でも、そこにはたぶん新たな発見は多くはありません。ベンチャー、スタートアップ、地場企業、零細個人企業、それらすべてが「日本企業」です。このあたりの違和感がすっきりとする話でした。

もう1つ感じたことは、自分も「顧客」から育てられたなぁということです。私の初任配属は、神奈川県・静岡県担当の業務用小麦粉の営業です。言葉では語りつくせぬほど多様な顧客がいました。顧客からは社内から以上に強烈な「内省支援」を受けます。また、時に「精神支援」をくださる顧客もあります。顧客のタイプはバラエティに富むので、そこにはさまざまな学びがあります。1人の上司から教えられることよりも、幅も深みも出て当然だともいえます。いまだに新卒新入社員の初任配属は原則的に「営業」だという企業は少なくないでしょう。これには育成の観点から合理性があると思います。顧客接点のある仕事は、間違いなく人を育てやすい仕事なんだと思います。

新・酒場探訪シリーズ002 シュガー 

※新・酒場探訪シリーズ002 シュガー@赤坂 弘前出身の佐藤さんがやっているシュガー。久しぶりに行ったら、少しレイアウトが変わり、ますます素敵になってました。ここのつまみが凄い。自分好みのエスニックチックなテイストのものが充実しており、熱燗にびたんびたんと合います。紹興酒も豊富にありますが、そこまでたどりつきません。なぜかお邪魔する日はたいてい雨降りです。


【2018/09/24 22:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
学会に参加してきたけど…、リフレクションの会やります
先週末、関西大学で開催された日本キャリアデザイン学会研究大会に参加してきました。もう何回目の参加だろう…、運営側でもあるので、何となくルーティン感を感じてました。もちろん、いろいろな学びがあり、出会いがあり、いろいろなお店でお酒を吞みました。

そんなとき、盟友(学びも酒も)の佐伯さんから素朴な問題提起をいただきました。で、いろいろとやりとりをして、これはきちんとリフレクションをしてみた方がいいかなと思い「リフレクション・ミーティング~関西大学の学会参加体験をふりかえる@しらたまや」という企画を立ち上げました。

私は実務家です。佐伯さんも実務家です(そして酒吞みです)。私たちのような企業人がわざわざ自腹きって有給とって大阪まで行って学会なるものに参加するって何なんでしょう。私も佐伯さんも社会人大学院とも無縁ですから、自らの研究成果を発表するニーズもありません。でも、とっても意味があると思うんです。そして、最後のOJTのシンポジウム。あそこでの中原先生の問題提起ともこのテーマ、関係すると思うんです。

で、「リフレクション・ミーティング~関西大学の学会参加体験をふりかえる@しらたまや」のテーマは2つ。

①. 学会って何?  社会人大学院経験のある人とない人でもこれずいぶん違うと思います。いろいろな発表を聞いていて、実務家として?????なことも多かったと思います。登壇前の中原先生と話している中で、先生はこの学会はもっと実務家に振れば面白くなるのにね、とも語られていました。でも、参加者少ないですよね。このあたり、いろいろ語りあいたいと思います。

②.かなり面白かったけど不完全燃焼でもあったOJTについても語り合いまょう。OJTと時間軸の話はとても面白かったです。我々の学会参加は越境学習です。越境学習したからには、それを現場に持ち帰って何かに活かさなければいけません。面白かったではすまされないわけです。是非、OJTについても語り合いまょう。

以上の2点について、参加者がそれぞれ少しずつ考えを持ち寄ります。しらたまやには、大きなモニターもあるので、パワポ資料も投影できます(たぶん)。そして、こちらのお店の女将は、元人事担当者です。キャリアデザイン学会の研究会でも登壇経験がある方です。そんな場で、ゆるりとリフレクションをしましょう。開催日は10月5日(金)です。場所は銀座の裏道です。とりあえずは発起人4名のみのメンバーですが、当日参加されていた企業人の方、是非、ご一緒にもやもやと取り組みませんか。発起人4名だけだとただの呑み会になるリスクがありますので是非。また、当日参加してないんだけど、テーマが気になるので参加したいという方も歓迎です。ただし、当日参加されていた方を優先しますので、席が足りなくなった場合はごめんなさい、の可能性があります。

さて、本テーマにも絡むので、私が学会に加入するようになった理由を書いておきます。特に勉強がしたかったわけでもなんでもないんです。
私がはじめて学会に加入したのは、25年以上前だったと思います。最初は産業組織心理学会という学会でした。当時は製粉メーカーの人事部にいました。当然、同期には技術系の社員がいます。同期会などで彼らと話をすると、技術系の社員の場合、大学での研究の延長上的な仕事をしていたりすると、そのまま学会に加入していて、また学会発表なども続けているわけです。個人名で研究の成果を世に問うことができます。また、研究成果を特許出願する場合も個人名が出ます。よくよく考えると、私がそれまでしてきた営業とか人事とかいう仕事は、仕事の相手の記憶には残るかもしれませんが、仕事の業績として個人名が残ることは普通ありません。素晴らしい人事制度を設計しても、就業規則に制度設計者の名前は残りません。組織として仕事をする醍醐味はそれはそれで嬉しいものがありますが、個人名がきちんと出るような仕事があることについて、技術系の社員を羨ましいと思いました(後日、自分のイニシャルを組織名につけるというのはやっちゃいましたが)。
そんな思いを抱いていた頃、たまたま当時、外部のセミナー(経営アカデミー)に派遣されていたのですが、その講師の大学教授に学会に入りたいという、よくわけのわからない相談をしたところ、冒頭の産業組織心理学会を紹介いただいたというわけです。その学会の研究会に何度か参加させていただきましたが、なかなか興味を感じることはなく、数年後には退会をしています。その代わりに参加したのが、日本キャリアデザイン学会です。ここではCDCという実務家の仲間たちとチームを組んで、2年続けて学会発表もさせていただきました。また、当時開催されていた研究会(今のキャリアデザインライブの前身にあたります)がなかなか面白く、ここで出会う先生方もなかなか面白く、そんなこんなで今日を迎えています。この学会、キャリアを扱いますから、働く人と密接でなければ成り立ちません。ですから実務家にはもっとも良い意味で敷居が低い学会だと思います。興味のある方は、ご紹介いたしますのでご連絡ください。

あれ、話がそれました。10月5日の参加希望の方、ご連絡お待ちしています。

酒場探訪シリーズ069 ソラマメ食堂 

新・酒場探訪シリーズ001 ソラマメ食堂@南森町 ~今回の学会での大阪訪問の裏テーマは大阪のお燗の店訪問。目当ての店で入れないところありましたが、素敵な4店を巡ってきました。その1番手は「ソラマメ食堂」。薬膳と燗酒を合わせます。ここ近所にあったら必ず通います。4人以上でいって薬膳鍋を食べたいと切に思いました。大阪の皆さん、ご一緒に行きませんか。


【2018/09/23 23:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そろそろとプログを再開しますね
大変ながらくブログをさぼっていましたが、実は7月の末くらいから、すっごく文章を書きたいなと思ってました。たまたま原稿の〆切りが続き、相当量の文章を書いていたのですが、やっぱり文章を書くのは好きだなぁと思い、ブログもっとちゃんと書こうかなと思った次第です。パワポで空間配置をしながらプレゼン資料を作成するのも好きですが、文章を書くのはまったく違う面白みがあります。

でも、ちょうどそのくらいから、パソコンのキーボードを打つのが非常につらい状況に陥っており、これができませんでした。文章を「書く」と言ってましたが、正しくは文章を「打つ」です。ずーっと左の肩がつらいなと思っていたら、それが手に移り、左手全体がびりびりと痺れ、キーボードを打つのがつらい…、そんな日々が続きました。整形外科と整体の両方に行ってますが、それぞれ異なる興味深い見解をくれて対応いただいてきた結果、少しは楽になりました。左手全体がしびれていたのが、小指だけがしびれるようになりました。そして、小指がつめたい。小指がつらいので、薬指に頑張ってもらい、小指のキーポジションも担当してもらってパソコンと対峙しています。ただ、左手の薬指が頑張りすぎているため時折つりそうになります。結構、左手の小指って大事なキーポジションを担当しているんです。

で、とりあえず、今日はここまで。あと、酒場の写真も増えたので、酒場探訪シリーズも続けます。

酒場探訪シリーズ068 スタンドキッチン・ルボン 
※酒場探訪シリーズ068 スタンドキッチン・ルボン@西荻窪 素敵な場所が素敵なとこにできました。西荻ラブでお店のマップが店内にあります。そして、まぜそばがあります。なんといってもレモンサワーですが。


【2018/09/17 09:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ