FC2ブログ
「越境学習」の効能 ~アーカイブ: 日経産業新聞 HRマネジメントを考える① (2017.12)
なんか頼まれてちょこまかいろんなところに書いたりすることがあるんてすが、整理がよくないので記録がほとんどされていません。なんとなくもったいないなぁという気もするので、とりあえず手元にあるものであまり長くないものについて、ブログでアーカイブをやろうと思い立ちました。といって昨日から始めたシリーズ、今日も続けてみます。今日は日経産業新聞です。一昨年の暮れくらいから、6~7名でリレー連載のようなものを書いてます。2カ月に1回くらい担当がまわってきます。各内容は広い意味でHRに関係があれば何でもOK。で、初回は迷わず「越境学習」をテーマに選びました。見出しは編集の方がつけてくださいます。

*************************************   
日経産業新聞 HRマネジメントを考える (2017.12)
 ************************************* 
「越境学習」の効能  学びのサイクル作る
*************************************   
「越境学習」という言葉を聞いたことがありますか。文字通り「自らが所属する組織と外部との間にある『境』を自発的に越え、外部に学びの場を求めること」です。
ここには2つのポイントがあります。単に社外の勉強会に参加することを指すのではなく、①自発的な学びであること、そして、②外部で学んだ果実を社内に持ち帰り、業務に役立てて還元しようとすることです。
社外のセミナー、ワークショップなどに参加するケースや、社会人大学院にチャレンジする人もいます。最近では自主的に学びの場を立ち上げるビジネスパーソンも増えてきています。
「越境学習」を語る際、2つの異なる視点があります。今や社内の知見だけで新たなビジネスのアイデアを創出することは困難です。企業レベルでは外部とのコラボレーションやアライアンスを進めるわけですが、個人レベルでの活動も重要です。
自らの業務のレベルを上げるため、新たな発想を得るため、意欲ある社員は自主的に外に出て学びます。そして、その成果を業務に還元し、さらなる学びへの意欲が湧く、という学びのエコサイクルが形成されます。結果、企業としての知見も拡大し、新たなビジネスや改革の種にもなりえます。これが1つ目です。
2つ目は、学習行動する人自身の振り返りの機会、さらにはその延長上としてのキャリア開発の視点です。「暗黙知」に慣れきった社内を出て、多様性あふれる社外の世界に触れることにより、私たちは多くのことに気づきます。相手が社内の仲間であれば、わざわざ説明の必要のないことを語る場面も出てきます。
改めて、自分の会社や仕事、そして自分自身を言語化する必要にも迫られます。当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないかもしれないと感じることもあります。
「自分とは何か」を考える瞬間も生まれます。自分の強み、弱み、興味などを再認識することもあります。自社の魅力や優位点に気づくこともあるでしょう。いつもの仲間と一緒にいるときには得られない経験や刺激、気づきが得られるのが越境学習の醍醐味です。
新卒で入社して数年もたつと漠然と外の世界をみてみたいと感じるときがあります。その思いが高じると転職に踏み切ることもあります。そんなときにも越境学習はお薦めです。冷静に自分と自社を考えるよい機会なのです。そして、まだここでやれることがあると気づくこともあります。日常業務に忙殺される中では、自分自身や自社をリフレクションする機会はなかなかないものです。
私のいる会社には「越境学習奨励金」という制度があります。何らかの形で業務に関連ある社外での学びに自発的に勤務時間外で参加した場合、上限金額はあるものの費用の半額が会社から補助されます。ただし、申請には上司の承認が必要です。
上司には業務との関連性の確認を依頼していますが、上司の承認を必要とする理由がもう1つあります。それは、どんな思いで、何を学びにいくのかをきちんと上司に伝えて欲しいということです。上司にはメンバーの思いを理解して接して欲しいからです。
あなたも越境学習に出かけてみませんか。人生100年時代といわれています。これを豊かに生きるためにも、学び続ける力を得ることは大切なことだと思います。

*************************************   
新酒場探訪シリーズ020 笹新@人形町 ~最近また人形町で呑むようになりましたが、やはり寄りたい店です。カウンターの大皿から何か1~2品頼んで、少し飲んで次のお店にという感じです。

新・酒場探訪シリーズ020 笹新② 

新・酒場探訪シリーズ020 笹新①

新・酒場探訪シリーズ020 笹新③




スポンサーサイト
【2019/03/27 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「文系人材に未来はあるのか?」 ~アーカイブ:『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」
なんか頼まれてちょこまかいろんなところに書いたりすることがあるんてすが、整理がよくないので記録がほとんどされていません。なんとなくもったいないなぁという気もするので、とりあえず手元にあるものであまり長くないものについて、ブログでアーカイブをやろうと思い立ちました。あの頃の自分に負けていないか!と自分を鼓舞させるような意味合いも少しあります。

実はたまたまとある編集者の方から退職のご連絡をいただき、その方との過去のメールのやりとりに書いた記事があって、そうだこんなこと書いてたんだぁと感慨深く思ったのがきっかけです。で、思い立ったらGO。

初回は大好きな専門誌「人材教育」が廃刊になり、その後継として昨年から出された『Learning Design』の創刊号です。大好きな専門誌の後継の創刊号に少し書かせていただけるなんて本当に光栄でした。まだ1年前くらいに書いたものです。「文系人材に未来はあるのか?」というタイトルに対して、4人のHRパーソンが応えています。目茶、文字数少ないのでなかなか大変です。

*************************************  
『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」 (2018.7)
*************************************  
「文系人材に未来はあるのか?」
国立大改革で減りゆく人文社会系学生。しかし、18年の就職率は「文高理低」。一時、遡上に載せられた「文系不要論」をどう見るか?
*************************************
「境界を踏み越え、能力の可能性を広げるべき」
文系、理系を選択するのは20歳前後。長いビジネス人生の間にテクノロジーが進化していけば、必要になる能力、スキルはきっと変わっていく。文理というわかりやすい境界をつくってしまったがために、私たちはいらぬ苦労をしているのではないだろうか。境界は自分の心がつくるものだ。文系人材であろうと理系人材であろうと、いつまでもしなやかに学ぶ力があれば、何でもできる時代が到来しているように感じる。
*************************************  

新酒場探訪シリーズ019 縁@東銀座 ~銀座から新富町までたまに歩くことがあるんですが、この途中にはなかなか魅力的な店があります。その一軒。店内〆ラーができるのが素敵。必ず、丹沢山があります。これも嬉しい。
新・酒場探訪シリーズ019 縁① 

新・酒場探訪シリーズ019 縁②

新・酒場探訪シリーズ019 縁③

【2019/03/26 21:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梯子酒記録01 博多 2018年12月
結構、酒場浴と梯子酒が趣味で、店を教えてという声をごくごく一部からいただくこともあるので、過去の梯子酒記録をたまにブログにあげることにしました。けしてモデルコースではありませんのでご注意を。基本、行き当たりばったり度が高いです。
初回は、年末の経営学習研究所のイベントで行った博多。もちろん前乗り宴会付き。そして宴会の前にも1人酒。早めに入っていた中原先生と合流したり、最後まで島田さん・稲熊さんと吞んだり、とても素敵で長い梯子酒でした。博多の皆様、ありがとうございます。愉しかったぁ。

一軒目: うどん平
「八重洲で博多うどんを喰らう会(通称:やゑくら)」のメンバーなので、博多うどんは好き。そして、この店のカウンターでお店の皆様のオペレーションを観るのが大好きです。それだけども呑めます。本当にほれぼれします。
梯子酒01-01 うどん平 

二軒目:  安愚楽
ホテルにチェックインして少し勉強をして、三角市場に歩いて移動。目標のお店がまだ空いておらず、そのお向かいのよさげなお店に。とても良かったです。ここで校正を終えた中原先生と合流。このあともつ鍋だったのも忘れて、もつに喰らいつきます。旨い。
梯子酒01-02 安愚楽 

三軒目: 博多空気椅子酒場輝
どうやらお向かいが開いたようなので中原先生と一緒に移動。千葉の奈種彩さんに「博多で燗酒のいい店」と聞いた数店のうち、特に2軒は絶対に行こうと思ったうちの1軒。燗もそうですが、魚が旨い。ほんとに旨い。立ち呑みです。
梯子酒01-03 輝 
 
で、こちらが三角市場。今は市場はなく、横丁です。1日浸れそう。左が安愚楽、右が輝。
梯子酒01-00 三角市場 

四軒目:  慶州
今回のイベントに多大なるご協力をいただいた博多の皆様が宴席を用意してくださいました。遅刻しちゃいけないので、あわててタクシーで移動。大人の梯子酒。1人吞みもいいですけど、宴席もいい。もつ鍋大好き。
梯子酒01-04 慶州 

五軒目: よし田
博多の皆様はサービス精神旺盛。さらにもう一軒、宴席をご用意いただいていました。やはり、透明のイカは食べたいです。それにしても、ひたすら呑み続けています。一応、ここでお開きです。博多大好き。
梯子酒01-05 よし田 
 
六軒目: えびちゃん
私以外のメンバーが宿泊するホテルまで送ってお開き。ここ、えびちゃんとすぐ近くだと気づきます。ということで屋台バーえびちゃんに島田さんと稲熊さんと一緒に。博多にくると、毎回、来ているような気がします。気のせいじゃないな。
梯子酒01-06 えびちゃん 

七軒目:  ともちゃん
若干一名、ラーメンが食べたいというので、仲良く締めます。長く楽しい一日でした。翌日が本番です。稲熊さんは翌朝、走ったそうです。凄い。私はしっかり睡眠をとって、胸キュンもなくさわやかに朝から明太重でした。
梯子酒01-07 ともちゃん 

博多の皆様、ありがとうございました。また、来月ちょこっと行きます。
こんな感じで、たまに梯子酒あげますね。


【2019/03/25 21:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
働くと健康寿命
昨日は、慶應義塾大学SFC研究所登録キャリアアドバイザーのスーパービジョン。年に6回の今年度最終回でしたが、ようやく2回目の参加。参加者が随分と増えていて、MCCの会議室に入り切れず、別部屋を確保しての開催です。
テーマは「年代別のセルフアセスメントを考える」ですが、特にシニア世代というか、50代、60代について取り扱いました。参加者の大半は私も含めて該当者です。特に60代をすでに迎えた方の個人的なお話などは、自分のことを考えるよいヒントになることも多くありました。いろいろとシニア世代のキャリアに関して扱う会は増えていますが、やっぱり昨日の花田先生のセッションはインパクトがありました。花田先生自ら、88歳までは働くと年齢延長での宣言。日本の財政事情が長期就労を明らかに求めています。そして、それは急速にやってきます。これに個人も組織も耐えられるか。
健康寿命という言葉があります。現在、健康寿命は平均寿命マイナス10~12歳なのだそうです。これを国は、平均寿命マイナス5歳くらいまで縮めたい意向があるとのこと。健康寿命である限り、働けますから、これは税収のアップと医療費の抑制に多大な貢献をします。
健康寿命が長くなれば、それだけ働けるのですが、これは逆相関もする概念のように思います。つまり、長く働けば、その分だけ健康寿命も延びてくるんじゃないかと。労働という刺激と適度なストレスは、人を元気にします。そういう意味では、働くってとても素敵なことです。あと、昨日みたいな場をいろいろと持っているのも、健康寿命を延ばすには大切だなぁとも感じます。
いろいろと考えさせられるセッションでしたが、久しぶりにいろいろな方にお会いできたのが一番でした。気楽に突っ込みあえる仲は素敵です。また、次の企画の種やらなんやらもいろいろと生まれてきます。何よりも、皆さんがそれぞれの立場でそれぞれ頑張っておられるのをみるのは刺激になります。
などと思いつつ、今日はこれから町田です。芹が谷公園の桜は咲いているかな。

**************************************************

新酒場探訪シリーズ017 オオモリヤ@三軒茶屋 ~三角地帯のはずれに一見では外観は朽ち果てたように見える店舗。勇気を出して入ると、鳥刺しと焼酎の素敵なお店。

新・酒場探訪シリーズ018 オオモリヤ① 

新・酒場探訪シリーズ018 オオモリヤ②








【2019/03/24 08:23】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たかがトイレ、されどトイレ

ある飲食店コンサルの方から聞きました。女性客を多く集めたいと思ったら、トイレは男女別にして、女性用トイレにはいろいろとアメニティ・グッズを置くのがいいですよと。なるほど。

あるトランスジェンダーの方から聞きました。小さい飲食店って嬉しいんですよ。店の中にトイレが1つしかないから、男性用も女性用なくて気軽に安心してトイレを使えるからと。なるほど。

たかがトイレ、されどトイレ。そういうと、大きめのトイレが2つあるコンビニって、必ず1つが女性用でもう1つが男女用なんだけど、LGBTの方を意識してのものなのでしょうか。

まあ、トイレが複数あるような規模の酒場には、あまりいってはいないけど。


**************************************************

新酒場探訪シリーズ016 丸健水産@赤羽 ~ここはそもそもトイレという概念がないですね。言わずと知れた赤羽の名物おでんや。店先で呑めるのはもちろん、出汁割ができるので有名ですね。酒は「丸眞正宗」。以前は23区で唯一の酒蔵でした。それが赤羽にあった小山酒造です。1878年の創業当時から愛飲され続けていた銘柄が「丸眞正宗」。小山酒造がクローズしたあと、遠縁にあたるという埼玉県の小山本家酒造が継承してくれています。赤羽には酒蔵も地ソース屋もなくなっちゃいました。


新・酒場探訪シリーズ017 丸健水産③ 


新・酒場探訪シリーズ017 丸健水産②


新・酒場探訪シリーズ017 丸健水産①











【2019/03/12 06:02】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ