FC2ブログ
「越境学習」の効能 ~アーカイブ: 日経産業新聞 HRマネジメントを考える① (2017.12)
なんか頼まれてちょこまかいろんなところに書いたりすることがあるんてすが、整理がよくないので記録がほとんどされていません。なんとなくもったいないなぁという気もするので、とりあえず手元にあるものであまり長くないものについて、ブログでアーカイブをやろうと思い立ちました。といって昨日から始めたシリーズ、今日も続けてみます。今日は日経産業新聞です。一昨年の暮れくらいから、6~7名でリレー連載のようなものを書いてます。2カ月に1回くらい担当がまわってきます。各内容は広い意味でHRに関係があれば何でもOK。で、初回は迷わず「越境学習」をテーマに選びました。見出しは編集の方がつけてくださいます。

*************************************   
日経産業新聞 HRマネジメントを考える (2017.12)
 ************************************* 
「越境学習」の効能  学びのサイクル作る
*************************************   
「越境学習」という言葉を聞いたことがありますか。文字通り「自らが所属する組織と外部との間にある『境』を自発的に越え、外部に学びの場を求めること」です。
ここには2つのポイントがあります。単に社外の勉強会に参加することを指すのではなく、①自発的な学びであること、そして、②外部で学んだ果実を社内に持ち帰り、業務に役立てて還元しようとすることです。
社外のセミナー、ワークショップなどに参加するケースや、社会人大学院にチャレンジする人もいます。最近では自主的に学びの場を立ち上げるビジネスパーソンも増えてきています。
「越境学習」を語る際、2つの異なる視点があります。今や社内の知見だけで新たなビジネスのアイデアを創出することは困難です。企業レベルでは外部とのコラボレーションやアライアンスを進めるわけですが、個人レベルでの活動も重要です。
自らの業務のレベルを上げるため、新たな発想を得るため、意欲ある社員は自主的に外に出て学びます。そして、その成果を業務に還元し、さらなる学びへの意欲が湧く、という学びのエコサイクルが形成されます。結果、企業としての知見も拡大し、新たなビジネスや改革の種にもなりえます。これが1つ目です。
2つ目は、学習行動する人自身の振り返りの機会、さらにはその延長上としてのキャリア開発の視点です。「暗黙知」に慣れきった社内を出て、多様性あふれる社外の世界に触れることにより、私たちは多くのことに気づきます。相手が社内の仲間であれば、わざわざ説明の必要のないことを語る場面も出てきます。
改めて、自分の会社や仕事、そして自分自身を言語化する必要にも迫られます。当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないかもしれないと感じることもあります。
「自分とは何か」を考える瞬間も生まれます。自分の強み、弱み、興味などを再認識することもあります。自社の魅力や優位点に気づくこともあるでしょう。いつもの仲間と一緒にいるときには得られない経験や刺激、気づきが得られるのが越境学習の醍醐味です。
新卒で入社して数年もたつと漠然と外の世界をみてみたいと感じるときがあります。その思いが高じると転職に踏み切ることもあります。そんなときにも越境学習はお薦めです。冷静に自分と自社を考えるよい機会なのです。そして、まだここでやれることがあると気づくこともあります。日常業務に忙殺される中では、自分自身や自社をリフレクションする機会はなかなかないものです。
私のいる会社には「越境学習奨励金」という制度があります。何らかの形で業務に関連ある社外での学びに自発的に勤務時間外で参加した場合、上限金額はあるものの費用の半額が会社から補助されます。ただし、申請には上司の承認が必要です。
上司には業務との関連性の確認を依頼していますが、上司の承認を必要とする理由がもう1つあります。それは、どんな思いで、何を学びにいくのかをきちんと上司に伝えて欲しいということです。上司にはメンバーの思いを理解して接して欲しいからです。
あなたも越境学習に出かけてみませんか。人生100年時代といわれています。これを豊かに生きるためにも、学び続ける力を得ることは大切なことだと思います。

*************************************   
新酒場探訪シリーズ020 笹新@人形町 ~最近また人形町で呑むようになりましたが、やはり寄りたい店です。カウンターの大皿から何か1~2品頼んで、少し飲んで次のお店にという感じです。

新・酒場探訪シリーズ020 笹新② 

新・酒場探訪シリーズ020 笹新①

新・酒場探訪シリーズ020 笹新③




スポンサーサイト
【2019/03/27 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「文系人材に未来はあるのか?」 ~アーカイブ:『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」
なんか頼まれてちょこまかいろんなところに書いたりすることがあるんてすが、整理がよくないので記録がほとんどされていません。なんとなくもったいないなぁという気もするので、とりあえず手元にあるものであまり長くないものについて、ブログでアーカイブをやろうと思い立ちました。あの頃の自分に負けていないか!と自分を鼓舞させるような意味合いも少しあります。

実はたまたまとある編集者の方から退職のご連絡をいただき、その方との過去のメールのやりとりに書いた記事があって、そうだこんなこと書いてたんだぁと感慨深く思ったのがきっかけです。で、思い立ったらGO。

初回は大好きな専門誌「人材教育」が廃刊になり、その後継として昨年から出された『Learning Design』の創刊号です。大好きな専門誌の後継の創刊号に少し書かせていただけるなんて本当に光栄でした。まだ1年前くらいに書いたものです。「文系人材に未来はあるのか?」というタイトルに対して、4人のHRパーソンが応えています。目茶、文字数少ないのでなかなか大変です。

*************************************  
『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」 (2018.7)
*************************************  
「文系人材に未来はあるのか?」
国立大改革で減りゆく人文社会系学生。しかし、18年の就職率は「文高理低」。一時、遡上に載せられた「文系不要論」をどう見るか?
*************************************
「境界を踏み越え、能力の可能性を広げるべき」
文系、理系を選択するのは20歳前後。長いビジネス人生の間にテクノロジーが進化していけば、必要になる能力、スキルはきっと変わっていく。文理というわかりやすい境界をつくってしまったがために、私たちはいらぬ苦労をしているのではないだろうか。境界は自分の心がつくるものだ。文系人材であろうと理系人材であろうと、いつまでもしなやかに学ぶ力があれば、何でもできる時代が到来しているように感じる。
*************************************  

新酒場探訪シリーズ019 縁@東銀座 ~銀座から新富町までたまに歩くことがあるんですが、この途中にはなかなか魅力的な店があります。その一軒。店内〆ラーができるのが素敵。必ず、丹沢山があります。これも嬉しい。
新・酒場探訪シリーズ019 縁① 

新・酒場探訪シリーズ019 縁②

新・酒場探訪シリーズ019 縁③

【2019/03/26 21:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梯子酒記録01 博多 2018年12月
結構、酒場浴と梯子酒が趣味で、店を教えてという声をごくごく一部からいただくこともあるので、過去の梯子酒記録をたまにブログにあげることにしました。けしてモデルコースではありませんのでご注意を。基本、行き当たりばったり度が高いです。
初回は、年末の経営学習研究所のイベントで行った博多。もちろん前乗り宴会付き。そして宴会の前にも1人酒。早めに入っていた中原先生と合流したり、最後まで島田さん・稲熊さんと吞んだり、とても素敵で長い梯子酒でした。博多の皆様、ありがとうございます。愉しかったぁ。

一軒目: うどん平
「八重洲で博多うどんを喰らう会(通称:やゑくら)」のメンバーなので、博多うどんは好き。そして、この店のカウンターでお店の皆様のオペレーションを観るのが大好きです。それだけども呑めます。本当にほれぼれします。
梯子酒01-01 うどん平 

二軒目:  安愚楽
ホテルにチェックインして少し勉強をして、三角市場に歩いて移動。目標のお店がまだ空いておらず、そのお向かいのよさげなお店に。とても良かったです。ここで校正を終えた中原先生と合流。このあともつ鍋だったのも忘れて、もつに喰らいつきます。旨い。
梯子酒01-02 安愚楽 

三軒目: 博多空気椅子酒場輝
どうやらお向かいが開いたようなので中原先生と一緒に移動。千葉の奈種彩さんに「博多で燗酒のいい店」と聞いた数店のうち、特に2軒は絶対に行こうと思ったうちの1軒。燗もそうですが、魚が旨い。ほんとに旨い。立ち呑みです。
梯子酒01-03 輝 
 
で、こちらが三角市場。今は市場はなく、横丁です。1日浸れそう。左が安愚楽、右が輝。
梯子酒01-00 三角市場 

四軒目:  慶州
今回のイベントに多大なるご協力をいただいた博多の皆様が宴席を用意してくださいました。遅刻しちゃいけないので、あわててタクシーで移動。大人の梯子酒。1人吞みもいいですけど、宴席もいい。もつ鍋大好き。
梯子酒01-04 慶州 

五軒目: よし田
博多の皆様はサービス精神旺盛。さらにもう一軒、宴席をご用意いただいていました。やはり、透明のイカは食べたいです。それにしても、ひたすら呑み続けています。一応、ここでお開きです。博多大好き。
梯子酒01-05 よし田 
 
六軒目: えびちゃん
私以外のメンバーが宿泊するホテルまで送ってお開き。ここ、えびちゃんとすぐ近くだと気づきます。ということで屋台バーえびちゃんに島田さんと稲熊さんと一緒に。博多にくると、毎回、来ているような気がします。気のせいじゃないな。
梯子酒01-06 えびちゃん 

七軒目:  ともちゃん
若干一名、ラーメンが食べたいというので、仲良く締めます。長く楽しい一日でした。翌日が本番です。稲熊さんは翌朝、走ったそうです。凄い。私はしっかり睡眠をとって、胸キュンもなくさわやかに朝から明太重でした。
梯子酒01-07 ともちゃん 

博多の皆様、ありがとうございました。また、来月ちょこっと行きます。
こんな感じで、たまに梯子酒あげますね。


【2019/03/25 21:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
経営学習研究所2月24日(日) 町田でチームつくりをテーマにとっても豪華な企画をやります
今日は告知ブログです。

2月24日(土)、町田への学びのピクニックを企画しました。
経営学習研究所のシアターモールです。

経営学習研究所は、日本中に学びと学ぶ人が溢れ、日本が学習立国できるような日をめざして、様々な大人の学びの場を創造しているチームです。立教大学の中原教授を代表理事として、仕事も年齢もばらばらの9名の理事、1人の監事、1名の研究員から構成されるチームです。
シアターモールは、そんな経営学習研究所の理事全員でつくりあげる学びの企画です。今年度は7月に日本橋で「新規事業」をテーマ、12月に博多で「大人の学び、フク業、越境学週」をテーマに開催してきました。そして、今年度最後の企画です。今回は、町田で「チームづくり」をテーマに開催します。

今回、非常に凝ってます。会場は小田急線快速急行で37分の町田市。ちょっと都心からみれば郊外にでます。「学びのピクニック」。町田を拠点にオリジナルのミュージカルを発信する「音楽座ミュージカル」という劇団があるのはご存知ですか。本当に素晴らしい感動を毎回、与えてくれる劇団です。是非、皆さんに公演をみていただきたい。そして、この劇団には、もう一つの顔があります。それは企業や大学に対して、人材育成の場、つまり研修を提供しているのです。以前に音楽座ミュージカルの研修の基本的なコンテンツについては、経営学習研究所の企画でもご紹介させていただきました。それからあれよあれよというあいだに人材育成にかかわる人たちの間では、結構知られる存在になっています。今回は、以前にご紹介したものとはまったく別の切り口から、音楽座ミュージカルさんに登場していただきます。

彼らの作品作りは独特です。同じタイトルのオリジナル・ミュージカルを何度も再演はするのですが、いずれも本当の意味での再演ではありません。まったくゼロから作品をつくりなおすのです。その作り上げる手法は、「ワームホールプロジェクト」と称されます。虫の穴?当日は、このプロセスを体感していただきます。短い間ではありますが、リアルな稽古を見学し、そのやりとりを感じます。形式的な上下関係など意識せずに、誰もが本当の当事者として本気で本音をぶつけ合う、まさに「ガチ対話」の世界です(「人材開発2018年2月号」に中原先生からの紹介があります。予習をしないと落ち着かないタイプの方は是非どうぞ)。この対話から、皆さんは何を感じ、何をつかみとるでしょうか。私たち自身のチームとの違いは何で、私たちのチームをさらによくするためには、何をすればいいのでしょうか。ビジネスパーソンにとってよいチームづくりは永遠の課題です。いえ、それはビジネスにとどまらずに、家族、友人関係、趣味の場、ご近所、2人以上人が集まればどこにでもチームができます。よいチームづくりは私たちが生きていく上で、もっとも大切なことの一つかもしれません。是非、何かヒントをつかみとって帰りの小田急線に揺られてください。

そして、今回の企画は「音楽座ミュージカル」だけなく、豪華2本立て。こちらも町田在住のミュージシャン、日本を代表するラテン・パーカッションの大御所であり、ドラム・サークル・ファシリテーター協会会長としても活躍し、企業や学校でも多くの研修を手がけているベッカー橋田さんにも登壇いただきます。

町田という街に、音楽の世界から人材育成の世界に越境している方々が2団体もあるのは何とも不思議な気持ちになります。その両者とご一緒に一つのイベントを企画させていただけるのは望外の幸せです。ちょっとご自宅からは距離があるよなぁという方も多いかと思いますが、是非、ご参加ください。お申し込みは、こちちからになります。

案内文、前文を以下に引用します。

==================================================
経営学習研究所 シアターモール
「Learning Picnic 町田でチームづくりを考えよう」
冬の週末、小田急線に乗って学びのピクニックに出かけませんか
音楽・町田をキーワードに、チームづくりについて学び、考える
「学びのピクニック」です
==================================================

昨年、一昨年と二子玉川で真冬の企画を開催しました。
モチーフは、一昨年が「縁日」、昨年が「フェス」。
今年は場所を町田に変えて「ピクニック」です。
町田を拠点にオリジナル作品のミュージカルを提供し続けている音楽座ミュージカル。
今回は音楽座ミュージカル様のご厚意により、
同劇団の稽古場である芹ヶ谷スタジオをお借りすることができました。
ミュージカル劇団のスタジオで開催するシアターモール。
果たして、どんな場になることでしょうか。

今回のテーマは「チームづくり」。そして素材は「音楽」です。
音楽を通じてチーム作りを感じる素材を2つ味わい、皆でチームづくりについて考えます。
実は町田には音楽を通じて企業内人材育成を支援している人たちがいます。
1つは、会場を提供いただく「音楽座ミュージカル」。
そして、もう1つは町田市在住で
ラテン・パーカッションの日本の第一人者である「ペッカー橋田」氏。
音楽の世界から企業内人材育成の世界に「越境」して
私たちに新鮮な学びを提供いただいている両者をリアルに味わい、
それを素材に皆でチームづくりについて考える週末を送れればと思います。

内容
★★session.0 「町田の街でそれぞれランチを」★★

いわゆる本企画のゼロ次会です。ピクニックといえばランチがつきものです。
皆で集まってランチを食べられればいいのですが、
今回は集まる前にそれぞれで町田の街でランチをとっていただけると嬉しいです。
事前にMall からお薦めのスポットを参加者の皆様にいくつかご案内します。
今回の企画担当理事の田中は大のラーメン好き、
田中理事が推薦する町田のラーメン店に加え、関係者お薦めのお店をご紹介します。
是非、好きなところでランチをとり、その場でSNS にあげてみてください。
お隣で料理の写真を撮っている人もMallの参加者かもしれません。
そして、お腹を幸せで満たしたら、音楽座ミュージカルの芹ヶ谷スタジオまでどうぞ。
※(注)もちろん、町田でランチをとらない自由も参加者の皆様にはあります(笑)。

★★session.1 「ドラムサークルを味わい、考える」★★
「みんなが輪になって、即興的につくりあげる打楽器、パーカッションのアンサンブルです。
参加者が一体感を感じながら楽しい時間を共有します。
人々の心の扉を開き、協調性を促進する効果が期待できます。
叩いて音を出すパーカッションは、楽器の中でもっとも原始的なものです。
誰でもすぐに演奏出来る親しみやすい楽器といえます。
参加者の年齢を問わず、音楽経験も必要としません。 」
※ドラムサークル・ファシリテーター協会HP より              

当日は多数のラテン・パーカッションをスタジオに持ち込み、皆で輪になって
ドラムを叩きます。ペッカーさんのファシリテーションに乗ってドラムを
叩いているうちに、私たちは様々なチームづくりのポイントに気づきます。
能弁にロジックばかりを語られるのではなく、シンプルなリズムが教えてくれることに
気持ちを傾けていきましょう。
(参加するだけで、めちゃめちゃ楽しいです)

★★session.2 「ワームホールプロジェクトを味わい、考える」★★
「音楽座ミュージカルには「再演」という考え方がありません。
より質の高い作品を生み出すために、毎回、ゼロベース(原点)から作品を
組み立てます。 そのプロセスにおいて、カンパニーメンバーは全員が当事者となり、
自分自身が何を欲しているのかを追求する。
この独自の制作メソッドを「ワームホールプロジェクト」と呼んでいます。」
※音楽座ミュージカルHP より

全員が当事者意識を持つ。これが実現できれば、チームはきっと機能します。
音楽座ミュージカルでは「ワームホールプロジェクト」という独特の創作システムで
ミュージカル作品を創り上げています。当日は同劇団のリアルな稽古を皆で見学し
まさに「ガチ対話」を通じて、作品を創りあげるプロセスを体感します。
このプロセスを体感した上で「音楽座ミュージカル」の作品を観ると
その作品はまたさらに味わい深いものとなるはずです。

★★session.3 「感じたことを言葉にしよう」★★
ペッカーさん、音楽座ミュージカルさんに、Mall 理事を交えての
ダイアローグとラップアップの時間です。

★★session.4 「春を引き寄せるダイアローグ・パーティ with ちょっとした企画」★★
今回はここまではアルコールなしです。
最後はMallらしく、パーティ形式でダイアローグの時間をとります。
味わったものは、語り合うことによって定着し深化します。
是非、よき学びの仲間とのダイアローグを。
パーティ中、いくつかの企画もご用意する予定です。お楽しみに。

★★after session 「Mallと一緒に音楽座ミュージカル公演を楽しもう」★★
今回の企画は当日だけでは終わりません。
音楽座ミュージカルの次回公演、ワームホールプロジェクトを経て創り上げらたれ作品
「グッバイ・マイダーリン」をMallと一緒に見に行きましょう。
今回の企画参加者の中から希望者分のチケットをMallにて頑張って取りますので、
是非、一緒に愉しく出掛けましょう。
そして、終了後には近くの酒場でリフレクション・ミーティングをしましょう。
日時: 2019年6月23日(日曜日) 時間未定
場所: 草月ホール(東京都港区赤坂7-2-21)
※(注)本企画へのご参加は自由です。詳細確定次第、別途ご案内をします。
※(注)本企画は今回の企画の料金外になります。実費のご負担をお願いします。

主催

協力

日時
2019年2月24日(日曜日)
13時から17時30分くらいまで(終了時刻は前後します)。
開場は12時45分を予定しています。
会場の都合から早めに来られてもご入場できませんのでご注意ください。

会場
音楽座ミュージカル 芹ヶ谷スタジオ
東京都町田市原町田4丁目24−29 町田駅から直線距離で723m
https://itp.ne.jp/info/131525487100000899/ 

参加費・定員
参加費としてお一人様リフレクション・パーティ代込にて
5000円を申し受けます。
定員は40名となります。
※ご購入後返金はできませんので、ご注意ください。
※パーティではいつものようにアルコールもご提供します。公共交通機関でのご来場をお願いいたします。
※一部、身体を動かすworkがありますので、軽快な服装、女性はパンツルックをお薦めします。

お申込み方法
お申し込みは下記のサイトからお願いいたします。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n3rw102wtay.html
(ご購入後返金はできませんので、くれぐれもご注意ください!)

参加条件
下記の諸条件をよくお読みの上、参加申し込みください。
申し込みと同時に、諸条件についてはご承諾いただいているとみなします。
1.本ワークショップの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・
ストリーミング配信する可能性があります。
写真・動画は、経営学習研究所、ないしは、経営学習研究所の
企画担当理事が関与するWeb サイト等の広報手段、SNS、講演資料、
書籍等に許諾なく用いられる場合があります。
マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。

2.ご欠席の場合でもお支払いいただいた参加費は返却いたしませんので
ご容赦ください。

音楽座001 




【2019/02/07 00:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ