FC2ブログ
「相談」~ホウレンソウから
報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は仕事の潤滑油とも言われますが、まさにそのとおり。報告・連絡・相談がきちんと機能している職場は、きっと活気も出て、効率も上がり、それが業績にも結びついていることと思います。その中で「相談」について考えてみましょう。

「報告」は組織にいる以上、部下としての義務だといえますが、「相談」は義務とは少し違いますよね。自分の能力・知識・経験を超える仕事を得た場合、何かでそれを補う必要があります。「相談」はその最も簡単な手法であり、「相談」によって他の人の力を借りるのは非常に得なことですし、効果的なことです。相談によって、相手の知恵やノウハウをいただいてパクることができれば、一人で資料をあさり続けるよりも仕事は格段にはかどります。もちろん、相談では何かの具体的な答えが必ずしも得られるわけではなく、多くの場合、得られる成果は、仕事の進め方や、物事の調べ方、よく知っている人の紹介、といったことでしょう。いずれにしても、「相談」というのは持ちかける人にとって、もの凄く得なものなのです。逆にいえば、しないのは損です。

次のような話をすると、上司に相談をすることを躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、一般的に部下に難しい仕事をまかせた上司は、相談のタイミングや、相談内容の的確さで部下の理解度や取り組み方の正しさを把握しています。ですから、ちゃんとした上司であれば部下が相談に来るような場や雰囲気を意識・無意識にかかわらずつくるはずです。何といっても、ちょっとレベルの高めな難しい仕事をまかせたのに、いつまでたっても相談に来ない部下ほど不安なものはありません。あまり部下が相談に来ないと、上司は今度は部下に進捗の「報告」を求めるようになります。その前に「相談」が出来ていると、部下は楽なのですけどね。

でも、この「相談」、なぜかなかなか部下からはできていないという声が多く聞きます。相談がなかなかできない部下にどうしたら「相談」をするように促せるか。1つは「相談」が得であることを実体験から理解させること、上司が相談を邪険にすることがあれば、次からは来なくなります。何はともあれ、真剣に対応してあげる必要があります。
もう1つは上司としては申し訳ないことですが「(私も含めて)上司は部下が思っている(期待している)ほど、部下をみてはいない。だから、部下は自分から上司に対してボールを投げる必要がある(相談する必要がある)」ということを理解してもらうことですかね。たいていのことにいえますが、自分が意識しているほど、相手は自分のことを意識していません。上司・部下関係も同じです。別に部下に関心がないわけではけしてないのですが。

雪の翌日の通勤風景、アスファルトは意外と凍っているのかいないのかがわかりません。自転車で派手に転ぶ若いサラリーマンが何人かいましたが、すぐにたちあがって何事もなかったように走り去るのがさすがです。きっと、職場でもいい意地を見せていますね。
  ←よろしければクリックをお願いします
スポンサーサイト



【2008/02/04 23:24】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |