FC2ブログ
食品SS連絡会誕生秘話 ~SSC談話007~
本日は完全に内輪ネタですが、昨日あった「食品SS連絡会」というシェアード・サービス担当者の会合の第30回記念懇親会で、この会の誕生秘話と題して、どうしてこういう会を作ることになったのかについてお話しをしましたので、その内容をご紹介します。

この会は、各社がシェアード・サービスに取り組み始めた2002年に、私の所属する会社の呼び掛けで大手食品会社が10社程が集まってできた会で、今では会員会社も増え、メンバー向けの講習会や各種分科会を実施するなど活動を拡大しています。たまたま私たちの思い付きからできた会なのですが、実践共同体(注1)の誕生と成長の1つのパターンとしても面白いのではないかと思います。

私とメンバー2人の会話の再現ドラマ風にまとめています。

私: COMPANY(注2)の並行稼動もいよいよ始まるねぇ。移行作業の時はみんなで徹夜しちゃったけどね。これからも大変だよねぇ。来年1月にほんとにカットオーバーできるかな。

メンバー①: それにしても、今までいろいろな会社にお世話になりましたね。給与の全国集約、シェアード導入、事業分社、COMPANY導入検討、何かあるとすぐに各社に聞きに行っちゃいますね、私たちって。

メンバー②: 私たちの妙な伝統ですよね。でも、皆さん本当に親切に教えてくださいましたね。そうじゃなかったら、流されてSAP(注3)にしちゃってたかもしれませんね。

私: なんで皆さんあんなに親切に対応してくれたのかなぁ。

メンバー①: 皆さんも同じ仕事をしている他社の人達との交流を求めていたように感じます。社内で人事や給与の仕事の進め方の悩みなんか、他部署の人達とは話せませんからね。

私: 確かにそうだよね。同じ悩みをもってそれぞれ働いているんだから、情報交換も本当に生々しいし、直接、役に立つものね。

メンバー②: それに何より刺激になります。他の会社に自分と同じ仕事で頑張っている人がいる、こんなにいろいろと考えている人がいる、っていうことを知ったのは。

私: これって1対1でヒヤリングに押しかけるんじゃなくて、みんなで集まってわいわいやったらもっと面白いんじゃない

メンバー①: そうですね。確かに役職者のおじ様ばかりが集まる食品業界の労務関係の会はあるけど、実務担当者が主役で集まる会ってないですよね。

私: じゃあ、思いついたらすぐにやろうか。お世話になった皆さんへの恩返しもしなきゃならないし。我々がいいだしっぺになろう!

メンバー②: えっ、これからCOMPANYの並行稼動を控えて、毎日、深夜残業が続いているのに、また新しいこと始めるんですか。

私: まぁ、大変だけどこういうのって勢いとノリが大事だからね。えっと、じゃあ誰に声をかけるのがいいかな。
メンバー②: それは、N社のFさんとMさんですかね。こういうの絶対好きだし、飲み会も好きだし

私: そうだね、Fさんとやってる採用担当者の会も楽しいしね。

メンバー①: あとはヒヤリングにお邪魔した、AJ社、K社、AB社……、あと十五日会の若手とかでこういうの好きそうな人っていなかしら。

私: 10社くらい集まると会っぽいよね。とりあえずは各社の状況を説明しあって、それから何をするか飲みながら決めればいいんじゃない。年末調整とか、住民税とかテーマを決めて担当者が集まればきっと盛り上がるよ。

メンバー②: 9月25日なら会議室が空いてますよ。

私: じゃあ、予約して。俺はFさんに電話するね。それにしても目茶目茶忙しい時期なのに俺たちも好きだねぇ。皆で新しいことをするのは楽しいからね。きっと皆もこういうの好きだよ。


かなり長くなりましたが、こんなノリで始まった会が業界内のオフィシャルな会になり、外部の有識者の方々も交えて成長しているのはちょっと感動ものです。この会はすぐれた「実践共同体」でもあると思うのですが、そのあたりはまた明日に書きます。さすがに長くなり過ぎますから。

注1: 「実践コミュニティ」ともいいます。明日のブログにも書きますが、概要はこちらを。
注2: 人事給与システムのトップ企業。近年は分野を拡大していますが、独自の理念は多くの顧客に支持されていますが、いろんな意味で癖はあります。私の所属している会社は悩んで導入を決めた末に2003年1月に無事、納期とおり、予算とおり、当初スペックとおりの導入を果たしました。
注3: いわずと知れたERPの大手。別に否定をしているわけではありませんが、私の所属している会社がこのERPのビックバン導入を決めたにも関わらず、HRだけCOMPANYが最適であると判断して、会社方針に反旗を翻す感じで導入したので、こんな会話になります。


※ 《2008年3月8日》 本日も別の実践コミュニティに参加してきました。シンポジウムと模擬店をやることが決まり(?)、大満足です。二日続けて、実践コミュニティで講演めいたことをさせていただく機会がありましたが、この実践コミュニティという概念に腑に落ちたという方が相当にいらっしゃいました。

  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/03/08 22:53】 | シェアード・サービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |