FC2ブログ
「節目」は自分で作るもの
神戸大学の金井壽宏先生の提唱された節目の「キャリアデザイン」と平時の「キャリアドリフト」の概念はなかなか日本のサラリーマンには腑に落ちやすいのではないかと思います。普段はキャリアをドリフトするのも結構。でも、「節目」だけはきちんと「デザイン」しないと、人生のドリフターズになっちゃいますよ、という感じのお話ですね。

さらに、慶應義塾大学の花田光世先生は、「節目」についてこんなことを話されていました。

「節目」は与えられたものではなく、自分でつくるもの。
例えば、定年はあくまでも単なる「イベント」、「イベント」を「節目」にするかどうかは自らの能動的な行動にかかっている。自ら、変化を起こすこと。能動的に「節目」を自分が「デザイン」して、そこにストレッチするのが大事。

さすが、花田先生ですから、最後は、またまた「ストレッチ」になる……わけですが、『「イベント」を「節目」にするかどうかは自らの能動的な行動にかかっている』ってのは素敵ですよね。

さて、来週の火曜日からは4月ですね。学生生活、ビジネス生活では、4月が事実上の正月です。皆さんは、この4月を「節目」とされるのでしょうか。


※《2008年3月28日》 セリーグも開幕しましたね。初戦から非常にいい感じでスワローズが勝利して感激です。今年は長くシーズンが続いてくれるかな。なんか、とても組織としていいチームになっていますね。

ビジネスブログ100選
  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/03/28 23:38】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |