FC2ブログ
朝、出社をしたらメンバーの顔を正面からまず見よう
私の所属している企業グループでは、なぜか6月1日が定期異動日です。

新たに組織マネージャーとして、正式に部下を持つ立場になった人に、もしも1つだけ「これはやった方がいいよ」というアドバイスをするとすれば、皆さんならどんなアドバイスをしますか。。

いろいろな切り口からのアドバイスがあると思いますが、部下に対するマネジメント関連でのテーマとしては、まずは「朝出社をしたら、まずはメンバー全員の顔をとりあえず正面からみること」を実践してみるといいよ、といいたいなぁと思います。その際に、一言かけることができれば、なおgoodです。

部下マネジメントの鉄則といった小難しいことをあれこれといっても、なかなか頭では理解できても、身体で実践することはできません。でも、これは形から入ることができるものですから、本気でやる気になりさえすれば絶対にできるはず。よりよいマネジメントを志すために、もっとも形から入り易い方法がこれだと思います。形から入るというやり方を馬鹿にしてはいけません。

とにかく1人ひとりに興味・関心を持っていることを部下に伝えるのは、マネージャーの必須用件の1つ。自分にそれを常に認識させるためにも、毎朝、メンバーの顔をきちんと正面から見るのは大事なことです。ここのところこのブログでこだわっている認知の実践そのものでもあります。

そして、漫然とみるのではなく、意識して正面からみると、それだけでメンバーに関してのものすごく多くの情報が得られるはずです。

でも、実はこんな簡単なことが、私たちにはなかなかできないものだったりするわけです。


※《2008年6月1日》 久しぶりに好天でしたね。どこに出かけたというわけでもないのですが…。いずれにしても、6月に入りました。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/06/01 21:55】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |