FC2ブログ
GIVE&TAKE
ここのところ、本当にいろいろな人の世話になっていると改めて感じることが多いですが、よく「GIVE & TAKE」っていいますよね。

「GIVE & TAKE」という言葉は、なかなか良く出来た言葉だなぁと思いますが、この言葉、単語の順序が大事なんです。「TAKE & GIVE」ではないことを良く肝に銘じる必要があります。

お店で何かを買うときの話でしたら、商品を手にとって(TAKE)から、お金を支払う(GIVE)ということもありますが、でも人生ではこのような後払いの「TAKE & GIVE」はないと思った方が間違いないでしょう。

まず、自分が相手に何を提供できるか、相手の何に貢献できるか、が大事です。それを相手が認めてくれて、この人と付き合っていると長期的にも何か良いことがあるかな(もしくは、もっと何か楽しいことがあるかな、もっと自分が成長できそうなことがあるかな、……)、と感じてくれるからこそ本当に役に立つものを「TAKE」させてもらえるわけです(相手が意識しているか、していないかは別として)。「GIVE」を十分にしないで、「TAKE」を求めることは寂しいことです。

意識としては、「GIVE&GIVE&GIVE&TAKE」くらいでちょうど良いですね。


※《2008年6月2日》 本日は仕事上の難題を1つクリアできて目出度し目出度し、まだまだいろいろありますが。夜は昨年のキャリアデザイン学会での発表もしたCDCの会合、今後のスケジュールを詰めました。あとはやるだけですね。新人も参画して刺激をくれているので、社会人として恥じない進行をせねばと、改めて自覚を。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/06/02 23:12】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |