FC2ブログ
自己開示の返報性
昨日の内容の続きですが、ミドルが人脈を構築するプロセスにおいて「自己開示」「信頼」「自信」の3つをキーとなる要素としていました。確かに実感できます。特に「自己開示」というのは大切なように思います。

「自己開示」とは、自分の持っている情報を他人に向かって多く開示することに他なりませんが、自分の考えや意見を他人に知ってもらおうという行動をとることによって、相手も同様なレベルの情報を返そうという傾向が強いそうです。こういった現象は、心理学の世界では「自己開示の返報性」と呼んでいるそうです。

とはいっても、しょっちゅう自己開示はしていられませんし、初めて会った人にその都度、自己開示しているのも変な感じです。その意味でも「一緒に苦労した経験」が人脈構築には影響があるのは当たり前のことなのかもしれません。一緒に時を過ごす中で自己開示がなされ、徐々に相手への信頼が醸成されていくことになりますね。

この話、GIVE&TAKEの話とも少し関係が出てきますね。


※《2008年6月23日》 部署の送別会。企業人になって3回目の主賓です。異動回数は非常にこれまで少ない方です。お餞別に焼酎サーバをもらいました。1升以上入りそうです。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/06/23 23:02】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |