FC2ブログ
ノルウェー会
ノルウェー会という不思議な会があります。

先週久しぶりに第147回が開催されましたが、ある時期に採用担当者をしていた食品メーカー5社の元担当者の会といってもいいでしょうか。同業界で同じ仕事をしていると、ある部分はもちろんライバルですが、ある部分は同士のような感じがあります。採用担当者でいえば、学内セミナーだとか業界研究会なんかで結構、出会う機会も少なくありません。内定していた学生があっちの会社にいったなんてことでぶつかることも結構あるのですが、金融やコンサルに優秀な学生にとられたくないといった思いは同じだったりします。そんな中から合同セミナーを自主企画するなどといった話も出てきたりして、当社を含む3社での食品合同セミナーはすでに5年の歴史を持っています。

さて、ノルウェー会の話です。たまたま当社に内定した4年生、3年の時に一緒だったゼミテンが当社にインターンシップで来ていたのが縁で、ゼミ全員で「グループ経営」の話を聞きに来てくれたことなどがきっかけで、当社は志望群の上位。なぜだかはわからないですが、食品業界の経理希望という学生でした。ライバルはA社、先に内定をとっており、最後まで悩んで結果的には当社に入社することになりました。内定確認で面談している際に、A社の話がしばしば出ます。特にA社の採用担当者のBさんの話が頻繁に出て、とてもBさんには良い影響を受けている様子。当社は経理前提で採用ができましたが、A社は初任配属は営業の可能性あり、という部分で当社になびいたと思いますが、「ヒト」の魅力の面ではA社に負けていたかも。昔からBさんは良く知っていたので、ちょっとニヤニヤしながら話を聞いていました。

さて、採用シーズンもひとまわりして、何かの会でたまたまA社のBさんに会う機会がありました。そこでBさんは開口一番、「○○ちゃん、そっちに行ったでしょ。悔しくて仕方がない」という感じです。毎年、印象が強い応募者って何人もいますが、そんな1人だったんでしょうね。たまたま私はその時には異動が決まっていて、かなりいい加減な立場だったので、既に新入社員になっている当人を囲んで飲もうというわけのわからない企画が立ち上がりました。内定を出したものの他社にいって、あいつはどうしているかなぁと思う学生も毎年、結構いますが、その後に一緒に飲むことは当然ですが普通はありません。ついでだから、C社・D社・E社あたりの担当者も呼んで、私の採用担当送別会を兼ねるということに…。それも初回で終わらずに、とにかく濃密で激しい伝説的な飲み会が続きます。その後、ほとんどが採用担当を離れたり、退職したり、さらに気楽な立場で未だに寄り集まっています。先週もお店のマッコリをすべて飲み尽くして、店に対して勝利をあげて帰ってきました。わざわざ札幌から出張をつくって来た人もいたような。

こういう社会人の楽しみっていいですね。学生の皆さん、社会は楽しいですよ。


※《2008年6月27日》 転任2日目、挨拶回りとレイアウト変更の日です。夕方から恵比寿の沖縄料理。4時間以上、同じ店にいましたね。かなり素敵な会でした。勉強になったし、元気になったし。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/06/27 23:32】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |