FC2ブログ
大手企業グループ傘下の派遣会社
ちょっと前の日本経済新聞(6月28日付)からです。

厚生労働省が大手企業グループ参加の派遣会社259事業場に対して実施したアンケート調査によると、大手企業グループ傘下の派遣会社で働く派遣スタッフのうち、81.8がグループ企業への派遣であり、スタッフ全員をグループ企業にのみ派遣している派遣会社が31.1%にのぽったとのこと。これを受けて、厚生労働省の研究会では、正社員を不適正に派遣スタッフに置き換えることを防止するために、何らかの規制が必要との認識で一致したとのこと。

少し派遣業界のことがわかっている人からみれば、これって昔からあった当たり前の話であり、大手企業が派遣スタッフを社員に戻そうという動きが出てきた時期になってから「規制が必要」というのも妙な話です。また、大手企業グループ傘下の派遣会社だけでは人員がとてもではないですが充足し切れずに、一般の派遣会社も併用している企業が大半であることにも触れておらず、大手企業が正社員雇用の代わりに傘下の派遣会社に登録させて派遣を受けているようにとられかねません(確かにそんな一面もあるので、こういう取られ方をしてしまうのですが)。

新聞記事も結構、記者の仮説を強化するかたちで材料を取材して創っていくというプロセスが多いのではないかと感じます。既に仮説があるのですから、ある意味ではスキーマが働き、材料の吟味段階でも無意識に恣意的になることはやむをえないでしょう。

そんな目線で新聞記事は読む必要がありますね。


《2008年7月4日》 今回導入するCRMソフトの導入の進め方のヒヤリングで、同じソフトを導入している先輩である飲料メーカーさんに訪問。非常に親切にお教えをいただきました。実は、この会社、以前にCOMPANY導入検討フェーズで当社にヒヤリングで訪問されたのですが、何とびっくり、私同様に当時人事にいて当社にヒヤリングでご来社された方が、営業部署に移ってこのCRMソフトの導入・定着化を担当されており、本日の説明者でした。やっぱり世界は狭いです。ちなみにこの会社、結局、人事給与システムはADPSです。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/07/04 23:35】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |