FC2ブログ
インストラクターの心構え
新職場に変わって、2回ほど研修でお話をすることがありました。お得意先を集めての研修会であり、業務経験1カ月未満の私がお話するのがいいのかどうか微妙なのですが、その際に、確か昔にキャリアラボのスーパービジョンで花田先生がインストラクターについていっていた話があったなぁと思い、ノートを探してみました。

基本的的にはキャリア系研修をターゲットにしたお話ではありますが、いろいろと示唆の富む内容がありました。特に今回、役立った部分を箇条書きに整理してみます。

1.自分のタイプ、長所、短所を理解して、それに応じた自分なりのインストラクションをすること
2.強みは強化し、さらにストレッチしていく。弱みは標準的なパッケージでしっかりとカバーして自己流には進めないこと。
3.研修内容そのもののインストラクションではなく、理論をきちんと理解した上でのインストラクションであること
4.工夫は一過性の思いつきではいけない。工夫がされればされるほど、その変化を共有化し、フォローしなければならない
5.イントロダクションが重要
6.常に最後の瞬間まで、最高の運営のための努力をすること

最後の6みたいなのは、精神論的な感じもしますがとても好きです。


※《7月27日》 夜の新幹線で静岡から戻りましたが、結構混んでいましたよ。静岡に行くと必ず食べるのは、黒はんぺんのフライと、モツのカレー煮込み。黒はんぺんは静岡おでんで全国区になりましたが、おでんよりもフライが良いです。モツのカレー煮込みの発祥は清水駅近くの「金の字」という店らしいですが、これは絶品です。なぜ、日本中で流行らないのか不思議なくらい。次世代B級グルメの雄だと思っています。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/07/27 23:23】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |