FC2ブログ
朝夕の挨拶
6月末から来ている今の部署、会社の始業時刻・就業時刻にチャイムがなった時に、全員が立ち上がって「おはようございます」とか挨拶をするのです。この時刻に全員が挨拶できるということは、必ず始業時刻よりも早くきており、終業時刻よりも遅くまで働いていることを意味してはいますが、ダラダラとせずにケジメはつけようということで前任者時代に始めたものだそうです。大部屋の中で、私の島と隣の島のメンバーだけ立ち上がって挨拶をするので、最初は気恥ずかしくて「いずれやめてやろう」と思ってました。

でも、しばらくやっているとなかなかこれがいいんです。何となく気持ちいいですし。やっぱり挨拶には人を元気にさせる何かがあるに違いないと思います。

コミュニケーションがいい職場は、一般に挨拶がきちんとされているようです(逆が真かどうかはわかりませんが)。きちんと挨拶がされている職場では、リーダーが率先して挨拶をしているように思います。挨拶のような基本的な動作の場合、やれと決めてリーダーがやらないのが一番、悪い。やらないなら、必要ないときちんとリーダーがいわないといけません。その意味では、前任者が決めた事項とはいえ、やると決めたことですから、私もちゃんと朝夕のチャイムとともに立ち上がって挨拶をしないといけません。

皆さんの部署でもいかがですか。意外といいものですよ。


※《2008年8月8日》 北京オリンピックが始まりました。開会式は飲んでいて見逃しましたが。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/08/08 23:31】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |