FC2ブログ
問題の「発生」「発見」「発掘」
先日、ある研修団体の方から、良い話をうかがいました。

問題には3つのタイプがあるとのこと。

①「発生」する問題
②「発見」する問題
③「発掘」する問題


われわれの仕事では、「発生」する問題への対処に日々、汲々としており、時間的な余裕を失ってしまいがちです。いわば仕事が後手にまわってしまっている状況です。もう一歩進めて、問題をあらかじめ「発見」して対処することができれば、先手を打つことができますし、こちらのペースで物事を進めることもできます。「発見」が遅れた問題の種は、いつか問題を「発生」させてしまいます。問題を日常的に「発見」して対処していくことは、非常に重要です。

さらには、問題を「発掘」するレベルまでいけば、大きな枠組みを何か変えることも可能になります。

部長や課長までもが、「発生」レベルの問題でバタバタしているようでは、ちょっとまずいですよね。大丈夫ですが、皆さんの組織は。


※《8月17日》 涼しい1日でした。Tシャツ姿で外に出ていましたが、寒かったですね。この週末は自宅周辺でほぼ過ごした感じですが、世の中はお盆休みだったみたいですね。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/08/17 20:04】 | 仕事の進め方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |