FC2ブログ
成長こそが最大のセーフティネット
昨日、ご紹介した株式会社シェイクの入社半年後の新入社員に対するアンケートからですが、いろいろな意味で「成長」という言葉がキーワードになっています。

○「仕事を通じて成長をしたい」と思っている …… 93%
○「早く成長をしなくてはいけない」という危機感、焦り」を感じている …… 74%
○「成長を実感している、やや実感している」 …… 41%
○「どこでも通用するような価値の高い人材になりたい」 …… 70%
○「仕事をしていて成長をしているという実感が持てていない」 …… 46%(入社後にモチベーションが下がったと回答している対象者に対して、その理由を聞いた質問への回答)

また、自由回答の中からも「成長実感」に関するものが多数出ています。

成長への焦りというものが、以前よりもさらに顕著になっているように感じます。成長実感を得られているかどうかが、モチベーション要因として大きなポジションを占めています。原因は簡単には分析できませんが、1つには情報過多、会社からの期待過多というものがあるとは思いますが、潜在的には彼らは「自分の成長が今の世界では最大のセーフティネットなのだ」という当然のことに最初から気付いているということなのだと思います。これは明らかに我々の世代の価値観とは異なります。我々の世代では、大企業に入り、そこに適応することが、社会的には最大のセーフティネットになっていましたから。


※《2008年10月30日》 キャリアカウンセリング協会の勉強会。たまたまですが知人と2人だけの勉強会だったので、ちょっと気恥ずかしかったです。その後、帰社して久しぶりに深夜残業。何とか仕上がりました。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/10/30 23:48】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |