FC2ブログ
出来る人のレベルを水準にしない
出来るメンバーってやっぱりいますよね。

出来るメンバーというのは、「他の人よりも仕事が出来る」から出来るメンバーなんですね、当たり前のことですが。でも、結構、その当たり前が忘れられがちです。
ついつい出来るメンバーの水準を前提にして、他のメンバーにも仕事を求めてしまうことがあります。それは不幸なことです。普通のメンバーは、出来るメンバーよりも仕事ができなくて当たり前なのです。これは、年次や社内資格には関係ありません。

また、さらに注意を要するのは、出来る人は往々にして他者にも自分と同じレベルのことを求めがちになってしまう点です。これはまったく無理な話です。この点をしっかりと出来るメンバーに理解をさせないと、組織はぎくしゃくして不幸になります。出来るメンバーはどうして周囲が自分と同じようにちゃんとやらないのかと不毛な不満を持ちます。そして、もっと不幸な組織は、出来るリーダーがこのこと(自分が仕事が出来るということ)を理解していない組織です。出来るリーダーが何に注意するべきかは、お分かりですよね。


※《2008年12月11日》 フレンチもんじゃとサムゲタンの店。凄いコンセプトですが、非常に美味しい。なんだかんだいって27時帰着になりました。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2008/12/11 23:30】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |