FC2ブログ
図書紹介:『あたらしい戦略の教科書』 酒井 穣著(ディスカバー21刊)
素敵な本です。本当に。

世の中に戦略論はたくさんありますが、「教科書」と名打っているだけあって「平易」で「網羅的」で「実践的」なものを指向されて書かれていると感じます。この著者の前著である「はじめての課長の教科書」を以前に読み、次の作品が出たな、買って読んでみようと思いつつ、なぜかタイミングを逸していました。もったいない時間を過ごしたものです。

まず、何といっても本書の考え方で賛同できる点は以下の部分につきます。

「現代における戦略とは、現場に近い各分野の専門家が、ボトム・アップ的な方法で、その立案以前の段階から積極的に関わっていくべきものになったのです」

「『戦略のプレゼンは完成したのだがら、あとは戦略の実行だけだ』では順序が逆で、『優れた戦略の実行には何が必要なのか』という視点が必要なのです」


若手ビジネスパーソンの頃に、戦略の立案プロセスに参画できず、出てきた戦略の実行部隊を命じられ、自分が立案段階から参画していればどれだけ違った(より優れた)戦略が描けただろうかと、悔しい思いをした人は大勢いるのではないかと思います。戦略を練る経営者、戦術を磨く現場といった経営者にとってすわり心地の良いロジックによって駄目になった戦略がどれだけ日本中にあったことか。

しばらく前から多くの戦略立案プロセスに自動的に入れるような立場になりましたが、当時の上司達と同じ過ちは犯したくありません。また、当時の私と同じ気持ちをメンバーに抱かせたくはありません。立場が部長だから、課長だからということで、良い戦略の立案ができるわけではないのです。良い戦略の立案には、実行部隊の現場感と、仕事への思いは必須だと思います。各部署横並びでリーダークラスだけを並べたプロジェクトが世の中にはたくさんありますが、本当に戦略立案のために必要なメンバーを戦略的に募らないで、戦略的な戦略が作れるわけがありません。ただし、戦略プロジェクトに募られるためにも、メンバーの方も戦略についての基礎的な知識は平素から勉強しておかなければなりません。勉強もしておらず、参加させろということほど格好の悪いものはありませんから。

さて、戦略プロジェクトのメンバーについて、次のような記述もあります。

「戦略プロジェクトのメンバーに必要な資質があるとすれば、それは現状維持を嫌い、大きな危機感を持ちながらも、希望を失わない態度です」

「『我々は変わらなければならない』という点において同意できない人が、戦略プロジェクトの中心メンバーになることは、戦略には致命的です」


あるポジション以上の人ばかりを集めて戦略を練ることの意味のなさが改めてわかりますね。あるポジション以上になると当然のことながら現状維持を無意識に好む人が増えるのはどこの組織でも当然にあることですから、そのこと自体を責めることはできません。そういった人を戦略プロジェクトに選任することは責められてしかるべきなのですが。

どうも拾い読みのようになってしまい、本書の全体像が伝えられていませんが、書評を適切に書く能力はないと開き直っていますので、最後もまた素敵な「肝に銘じておきたい一文」の引用で締めくくります。こういったことも、あるポジション以上を得てしまうとどうも忘れてしまいがちなことです。

「戦略の立案を密室で行うことは、犯してはならない『現代社会のタブー』なのです」。

あたらしい戦略の教科書あたらしい戦略の教科書
(2008/07/15)
酒井 穣

商品詳細を見る



《2009年1月4日》 今年は三が日ではなく、4日までがお休みですね。ただ、今日は午後からですが残務処理があって初出社をしてきました。部署によっては、結構、人がいましたから大変です。年賀状でも、特に金融関係の友人からは未曾有の経済危機ということが現実であるとひしひしと感じられる内容のものが多かったです。2009年、それでも明るい年にしたいですね。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/01/04 21:13】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |