FC2ブログ
事務系の仕事は名前が残らない?
もう10年以上前、研究所勤務の技術系同期と飲んでいた際に出た話です。

技術系社員(特に研究者)の場合、自分の仕事内容で特許を申請したり、学会で自分の名前で発表したりといった具合に、自分の名前が固有名詞で仕事として残るけど、事務系ってそういうのないよねぇ。  そんな話です。

確かにそうなんです。あの企画は俺のなんだ、あの制度は俺が作ったんだという主張はできても、銅像ができて名前が刻まれるようなことってないですからね。何となく悔しくなりました。

それからしたことが2つ。

人事系の情報検索システムを導入しました。この名称をこっそりですが自分のイニシャルにしてみました。「Jシステム」というのですが、一応、人事の「J」だということにしています。さらには、先のブログでも書きましたが、2001年に設立したシェアード・サービス・センターの名称を「J-center」にしてみました。いずれも奥ゆかしい名前の残し方ですね。「J-center」はシェアード機能の子会社化によって消滅しましたが、「Jシステム」は今でもWEB化して残しています。私は明日付で退職しますが、その意味では名前はちょっと残っているわけです。

あとのもう1つは学会発表です。その時から事務系だって学会くらい出られるんじゃないだろうかという漠然とした思いはありましたが、いろいろと外と交流してみると事務系の企業人でも学会で活躍している方はたくさんいました。それらの皆さんと比較にはなりませんが、一昨年・昨年と私も学会発表などもさせていただきました。

事務系ですが、さらに本当の意味で名前を残せる仕事をしたいなぁと思います。


※《2009年1月9日》 現会社の最終出社日。午後半日かけて本社地区の全オフィスをまわりましたが、なかなか1人ひとり全員とは言葉を交わしきれないものですね。これで今週は5日間、とにかく飲み続けでした。3連休でゆっくり…、といいたいところですが、やることがいろいろ目白押しです。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/01/09 23:22】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |