FC2ブログ
図書紹介:『上司の教科書~「新しい悩み」への処方箋』 石山恒貴著(洋泉社刊)
石山恒貴さんの書籍です。彼の思いがたくさん詰まっています。

石山さんとは大学のサークルが一緒で、私が4年生の時に1年生として石山さんが入ってきました。「KAREN」というテニスを中心としたスポーツサークルという衣を着た、飲んだり遊んだりするサークルで、私の大学の遊び仲間と大学3年生になるときに設立したものです。ですから、私たち初代生は創業者であり、4年になっても一向に引退などはしないため、4年生と1年生という関係ではあっても、それなりに濃い関係です。ちなみに「KAREN」という名前は、大滝詠一の名曲「恋するカレン」からとっています。あの時代を代表する歌の1つかと思います。

石山さんは、NEC入社後、GE時代も含めて現職までずっと一貫して人事労務畑であり、結構、途中は付き合いが途切れていたりもしたのですが、私が以前の会社にいた際に海外人事のヒヤリングにお邪魔したり、セミナーでばったりと会ったりとか、人事屋としてのつながりもあり、最近ではキャリア関係の人達と定期的に会う場でご一緒します。

そんな石山さんが選んだテーマが、リーダーシップ開発です。

ちょっとキャッチーなタイトルに対しては本人も照れていましたが、ここ最近、中間管理職・ミドルに対する応援本(?)がかなり出ている中で、これをリーダーシップ開発の側面から行おうという試みかと感じます。

ぼやぼやしている間にマネジメントの現場はすっかりと変わってしまいました。大変に難しい時代です。そういった変化した現状を最初の第1章で整理した上で、次に「上司が失敗する5つのパターン」を第2章で提示してくれています。本書のハイライトは、「5STEPプロセス」というリーダーシップ開発を促すためのモデルを提示している第4章なのですが、結構、第2章にはまる読者が多いのではないでしょうか。

「上司が失敗する5つのパターン」とは、①指示過信型マネージャー、②自分のキャリアを大切にしないマネージャー、③無関心型マネージャー、④マイクロマネジメントマネージャー、⑤以心伝心型マネージャーの5つです。この章の最後の部分に「5類型の発生原因は長所の裏返しでもある」とありますが、まさにそうなのだと思います。自分の型・癖・手法といったものをしっかりと疑うことがマネージャーには必要です。また、そういった意識だけでは解決できないために、リーダーシップ開発という「仕組み」が必要だと、石山さんは投げかけてくれています。

本書に貫かれている思いがいくつかあるなぁと感じるのですが、私が強く感じたものとして2つ、整理してみます。

1つは、部下を元気にして、部下を幸せにしたい、という思いです。そして、人事労務部門はそのために何ができるのかという思いも根底にあるように感じます。
部下を幸せにしたい、というこの動機がある限り、自己流であっても素晴らしいマネジャーに大半の人がなれるはずだと私は思っていますが、やはり自己流には限界がありますし、スピードも遅いですから、本書のような書籍を参考にしつつ、自分の持論と照らし合わせながら、日々の工夫を重ねて、自分なりのリーダーシップ論をブラッシュ・アップしていくことが大切なのだと思います。

もう1つは、リーダーシップ開発とキャリア開発とを結びつけて考えようという試みです。まだまだリーダーシップという言葉は誤解されており、一部のトップ層に必要なものととらえられているきらいがあります。しかし、あらゆるビジネスパーソンにとってリーダーシップは必要なものであり、それが密接に自らのキャリア開発と結びつくものだという指摘はまったく同感です。リーダーシップ開発によって、キャリア自律はかなり根づくように思います。

それにしても、人事労務畑の仕事で出会った知り合いではなく、10代の昔から知っている人、ただ馬鹿みたいに若いころに飲んでいた人の著書の紹介を書くのは、なぜか非常に難しい(というか書いている方も恥ずかしい)ものですね。本当はもっと早く、ここでも紹介したいと思っていたのですが、遅れてしまって、石山さん申し訳ありません。

皆さん、是非、手にとってみてください。何か、気づきはある本だと思います。

上司の教科書 ?「新しい悩み」への処方箋 (新書y)上司の教科書 ?「新しい悩み」への処方箋 (新書y)
(2009/02/06)
石山 恒貴

商品詳細を見る


A LONG VACATION 20th Anniversary EditionA LONG VACATION 20th Anniversary Edition
(2001/03/22)
大滝詠一

商品詳細を見る



《2009年3月5日》 昨日の午後から大阪。新卒採用セミナーです。大阪って、カレーのスタンド、多くないですか。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/03/05 23:25】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |