FC2ブログ
モチベーションとリスクマネジメント
昨年夏の調査データですが、東京海上日動リスクコンサルティング社がまとめた「仕事に関する意識調査」の中で、「現在の仕事に対するやる気」についていろいろと聞いています。

現在の仕事にやる気をもっている人は、52.7%と、約半分。これを高いとみますか?低いとみますか?

年代別にみてみると、
  20代……57.3%
  30代……50.5%
  40代……49.2%
と年を経る都度に減少していくのは、まぁそんなものですかね。

ちなみに意欲が高まる仕事を複数回答した中では、「高い金銭的な報酬につながる仕事」は第7位で18.9%。報酬ばかりで引っぱっていくことにはすでに無理があることは明確ですね。

設問に「やる気が出ないことを理由に会社を休む傾向がある人」というのがあるのですが、これは35.6%。相当な数字です。こんな設問のある背景は、この東京海上日動リスクコンサルティング社は、モチベーション・マネジメントを企業のリスクマネジメントの観点からみているからなのです。健全で高いモチベーションに支えられた組織では、不祥事も確かに起こりませんね。


《2009年5月3日》 忌野清志郎さんが亡くなりました。私の世代には大きな影響を与えた人です。反体制的っぽくありながら、突き抜けてはない、妙な立ち位置が、私たちには居心地がよかったのかもしれません。「愛しあっているかい?」というシンプルなメッセージも恥ずかしげもなく結構、刺さったりした時代です。「多摩蘭坂」もわざわざ見に行ったりしました。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/05/03 23:57】 | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |