FC2ブログ
自然性、可燃性、不燃性~人の3つのタイプ
稲盛和夫氏の「働き方」からです。

人間には以下の3つのタイプがあるとしています。

  可燃性…火をつけると燃えあがる
  不燃性…火を近づけても燃えない
  自燃性…自分からかっかと燃え上がる。

何か新しいことを成し遂げようとするには、自ら燃える人でなければならない。
自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになるのと同時に、明確な目標を持つことが大切だ。

と、稲盛氏は指摘しています。

でも、自燃性の人はそうそう多くはありません。そこで大切なのは、可燃性の人。可燃性の人がどう燃えるかで改革は成し遂げられます。不燃性の人は、環境変化のない世界で前年100%+α程度を目標にするのであればあまり問題はありませんが、そうでないと組織に存在するのはちょっと難しいですね。

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」
(2009/04/02)
稲盛和夫

商品詳細を見る


《2009年5月21日》 慶応MCCの「ラーニングイノベーション論」、開講です。やはりすごくエキサイティングです。ゆっくりここにも書き残しまますね。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/05/21 23:06】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |