FC2ブログ
「松江」
またまた金曜日のお気軽なフード・ネタです。
今日は東武凍上線東松山のやきとりのお店「松江」です。

東松山は関越のインターがあるところで、森林公園の1つ手前の駅です。とても気軽に仕事帰りに飲みに行くようなところではありませんが、実はここは「日本三大やきとり」の街の1つなのです。

さて、「日本三大やきとり」の街はご存じですか。
北海道室蘭市、埼玉県東松山市、愛媛県今治市の3つです。

ここ東松山の「やきとり」は実は鶏ではなく、豚のカシラがメインです。カシラは歯ごたえと弾力のある食感が魅力ですよね。そして、このカシラとネギを串にさして焼いたものに、各卓に置いてある「みそだれ」をお客が好みの量だけはけで塗って食べるのがスタンダードです。この「みそだれ」はけして自分のお皿にとってつけて食べてはいけません。はけでダイレクトにつけて食べます。関西の串カツのソースの二度づけ禁止のような厳しい「掟」です。「松江」ではメニューにもはっきりと書かれています。それにしても、東松山は人口1万人当たりのやきとり屋の数は7.2軒もあるそうです。確かにいたるところにやきとりを出す店がありました。

この「松江」は、カウンターだけでなく40人は入れる座敷席を持つ店でで入口のこじんまりした雰囲気からはちょっと想像がはずれる大きなお店です。ここに5時過ぎからお客が集まり、明るいうちにほぼ満席になっていたのはなかなかすごいです。マスターは終始、カウンターでお客と世間話をしています。

あと、実はやきとりに加えて、このお店の凄いメニューは「キツネシリーズ」です。揚げの中に納豆を目一杯突っ込んだ料理なのですが、以下のようなバリエーションがあります。

  キツネのあげ納豆(ネギ納豆)
  キツネの嫁入り(ネギ納豆チーズ)
  キツネの婿さん(ネギ納豆揚げて天つゆで)
  キツネの孫(ネギ納豆明太マヨネーズ)
  キツネ姑(ネギ納豆特製辛みそ)

是非、やきとりだけでなく、「キツネシリーズ」もオーダーしてください。

なお、こちらのお店では「みそだれ」の販売を行っていますが、そこに表記されている原材料は「唐辛子、醤油、味噌、砂糖、ゴマ」となっています。

《2009年7月17日》 今日も夜はダブルヘッダーとなってしまいましたが、今週はダブルヘッダーが2回あり、さすがにちょっと疲れます。ゆっくり残業したいときもあるのですが…。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/07/17 23:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |