FC2ブログ
金井ゼミの3つの目標
金井先生の近著『危機の時代の「やる気」学』を読み始めました。

この中で、神戸大学の金井壽宏ゼミで、先生がゼミテンに提示している「3つの目標」というのが紹介されています。これをちょっと引用します。

①自分の意見があるのであれば、きちんと言語化してはっきり人に伝えられるようになってほしい
②全員が自分の意見を持ってくるのであれば、必ず違う意見もあるはずだから、違う意見こそ、より一生懸命に聞くという姿勢を身につけてほしい。
③自分と違う意見を聞いて、そこで議論できないと困るから、同じ目線できちんとディスカッションができる人間になってほしい。

素敵ですね、こんな学生がどんどん企業に入ってきてくれれば。

まずは①の前提に「当然、みんな自分の意見は持っているよな」というのがありますね。実はこれが一番の課題である人が今のビジネス界には、まだ多いのかもしれません。なかなか自分の意見を持つというのは、タフなことです。
また、漠然と意見や思いはあっても、それを「きちんと言語化してはっきり人に伝えられる」というレベルまで、意見を整理するようになるのもまたハードルが高いです。といいますか、実業的にはこのレベルまでなって初めて「意見」なのだといえるのですが、このレベルの「意見」を日常的に持てている人って、果たして何%程度いるものでしょうか。

少なくともこの①のレベルをクリアできた人がどの程度いるかで組織力はある程度決まるかもしれません。

危機の時代の「やる気」学危機の時代の「やる気」学
(2009/05/29)
金井 壽宏

商品詳細を見る


《2009年7月19日》 コストコホールセールへ。混んでます。昼に出ることには駐車場は1時間待ち。1年更新のたまごをもらいました。夜はパルテノペの広尾店。ここも相変わらずすごい人の入りです。席が空く間がありません。シチリア料理フェア実施中です。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/07/19 23:57】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |