FC2ブログ
過去は変えられる
いろいろな研修でこんなことを講師がよくいいます。

「過去と相手は変えられないですが、未来と自分はあなたの力で変えることができるのです」

これはそのとおりだと思うのですが、よくよく考えると、前向き思考なようにみえて、後ろ向き思考的な感じもします。過去と相手を変えるのはあきらめて、容易に手が出せる未来と自分を変えて納得しましょう、ととらえるとこれはもう後ろ向きというか、つまらない現実的な考えになってしまいます。まぁ、ひねくれたとらえ方ですけど。

で、過去は本当に変えられないのでしょうか。

結構、歴史が塗り替えられることってありますよね。新たな遺跡が発見されたとか、秘密文書が出てきたとか。
過去というものは、現在からみた客観的事実をベースにしたある時点に対する主観的な判断を固定化したものだと思います。ですから、「客観的事実」が変わったときと、「主観的な判断」が変わったときには、「過去も変わる」のだと思います。逆にいえば、「客観的事実」を変えたり、「主観的な判断」を変えることができれば、過去は変わるのです。

ちょっと前に何日か続けて紹介させていただいた吉岡秀人医師の『死にゆく子どもを救え』を読んで、なぜかそんなことを考えました。吉岡医師ですが、再度「情熱大陸」に登場されるそうです。まさに番組タイトルとおりの行動をされている方のように感じます。

《2009年9月2日》 10月導入予定の人事制度の検討は佳境です。そんなさなか日本を代表する若手ピッツァヨーロが銀座のはずれに集結です。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/09/02 23:20】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |