FC2ブログ
そうじゃなくて…
ワークスアプリケーションズが主催する「COMPANY FORUM 2009」での高橋俊介先生の講演の中からのフレーズです。本質的な講演の中味はまたいずれ整理します。来月のgcdfの継続学習での講義も今回の延長上のような気がします。ちょっと話はずれますが、当日私は受付・会場整理のボランティアをしています。

高橋俊介先生の講演の中でのフレーズとは「そうじゃなくて…」。

「そうじゃなくて…」、メンバーが何かいうと、こう切り出してしまうことってありませんか。何度言ってもわからないメンバーもいますから、普通に出ちゃう言葉ですよね。でも、これってネガティブ・シンキングをする人の典型的ワードだそうです。

ポジティプ・シンキングの本質は、価値観の相対化、多様性の受容、学ぶ姿勢、開放的なネットワークの肯定といったあたりにあると思います。絶対的な解答がある世界では、その解答が得られなければ否定されざるを得ません。どうしてもネガティプ・シンキングに陥ります。絶対的な解答がない世界では、思考の立ち位置によって、正解は多くあります。この思考の立ち位置がポジティブ・シンキングです(強引かな)。

既に絶対的な解答などない世界になっているにもかかわらず、解答は1つというスタンスを崩さないでいると、ついつい「そうじゃなくて…」が出ちゃうわけです。上司もメンバーから学ぶことは多くあります。育成しようとすることで自分が実は育つのです。「そうじゃなくて…」で導管モデルバリバリの人材育成をしていては、メンバーは自分以上には伸びませんし、自分も成長機会を失います。

でも、ついつい出ちゃうのが「そうじゃなくて…」ワード。戒めましょう。

《2009年9月17日》 夜に仕事の打ち合わせ、神田ミートセンターにて。そこに合流する人達ありで、いろいろと話が広がりました。なぜか人形町まで歩きました。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2009/09/17 23:16】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |