FC2ブログ
役割関係と人間関係
キャリアカウンセリング協会のスーパーバイザー養成講座からです。復習が追いついていません。また、明日の9時半から次回があります。

今回はすべての世界に共通するお話です。

人間関係とは? ……それは交換ができない役割関係。

ただの役割関係は代替が効きます。役割の関係を超えて、固有名詞をもった関係になることにより、本当の人間関係は生まれます。

(スーパーバイザーとスーパーバイジーであるカウンセラーの)面接は最初は役割の関係から始まります。面接の中で、スーパーバイジーであるカウンセラーが「この人にかけてみよう」という思いになれるか、これによって役割関係は交換ができない関係になっていきます(ただし依存的なのは駄目ですね)。

スーパーバイジーと同じ視点でしかカウンセリング・ケースを観ることができなければNGです。スーパーバイザーとしてケースをみたときと、カウンセラーとしてケースをみたときとでは、意外と視点が変わってきます。立場が変わると、意外と聞こえ方が変わってくるのです。ある意味、スーパーバイザーとしてのプレッシャーが力になります。そんな訓練を重ねる場がこの講座です。当然ですが、スーパーバイザーの訓練を受けることによって、カウンセラーとしての面接の力も変わってくるはずだと信じて頑張っています。

それにしても、この関係、上司と部下にあてはめてもまったく同じことがいえます。上司と部下が役割関係ではなく、交換ができない役割関係である人間関係になっているか、これで職場は相当に変わります。

わかりにくい説明ですみません。わかりやすい説明ができないということは、理解度が浅いということです。頑張らねば。

《2010年6月19日》 慶應義塾大学三田キャンパスにてAAA3.0の例会。いつになく、大学生が多く若々しい会でしたが、発表のレベルも充実しており、いい会でした。終了後は、特別な会議のために会社に。いいクロージングでした。ワールドカップは終わっていましたが。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2010/06/19 23:25】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |