FC2ブログ
サーバント・リーダーシップ
人材発達支援塾の課題図書でもある「サーバント・リーダーシップ入門」を読みました。再読です。

ここでは、書評ではなく、サーバント・リーダーシップについて記録しておきたいと思います。まずは、本書の中から、サーバント・リーダーシップを定義しているような箇所を抜き出してみました。

*********************************************************

・相手に奉仕すること、尽くすことを通じて、相手を導いていく。当然、導くからには自分なりの考え、哲学、思い、ミッションがいる。

・リーダーシップのカギとなる言葉を一つだけ挙げるとしたら、「その人を信じられるかどうか」になるだろう。つまりは「信頼」。信頼できる人なら、人はついていく。では、どういう人であれば信頼してついていくかというと、フォロワーのためを思ってくれる人だ。リーダーがフォロワーに尽くしてくれる。奉仕してくれると感じられるときに、フォロワーは心の底からリーダーを信頼してついていくのである。

・本物のサーバントに徹することによって、逆説的なことに、人はついてきてくれる。最初から強引に引っ張ろうとしたら、意に反してだれもついてこないか、怖がってついてくる人がいても、後ろを振り向くと誰もついてきていないといいうことになりかねない。

・リーダーたる人物が深く信じているミッションに共感して、その実現のために動き出す人をリーダーは支え、そういう人が困った時には支援して、ミッション実現の行動に対して奉仕する。サーバント・リーダーの行動は、ミッションなしにはあり得ないのである。

・フォロワーはリーダーを信頼し、彼が描く大きな絵(ビジョン)に共鳴してリーダーについていく。そのときフォロワーが目指すものはリーダーのそれと同じ、もしくは近いものであり、一緒になって実現するのもフォロワーだ。リーダーはあくまでその手伝いをするのである。それがサーバント・リーダーシップの、根本的な考え方である。

・この考えが興味深いのは、「上に立つ人こそ、みんなに尽くしていくタイプの人でなければいけない」とする点にある。言いかえれば、上に立つからこそ、下の人に尽くすという思いが必要なのだ。

*********************************************************

あくまでもマネジメントではなく、リーダーシップの話です。本書の中で金井先生は、リーダーシップについて「リーダーシップとは、フォロワーが目的に向かって自発的に動き出すのに影響を与えるプロセスである」と書かれていますが、権限によって管理するマネジメントとは、いうまでもなく一線を画するものです。

そんな権限ではなく、フォロワーの意思によってまとめていかなければならない「リーダーシップ」というものの性格上、何よりもフォロワーからの信頼を勝ち取ることが大切です。そのためには、フォロワーのために何ができるか…、サーバン゛と・リーダーシップにたどり着くのは、極めて自然な帰結だと思います。ただし、サーバントの意味を「奴隷」的にとって、リーダーがフォロワーのコピー取りをしてあげるなどといった意味に誤解されてはたまりません。ちょっとこの言葉、正しい伝達に難しいところがあります。それをよく意識して使わないと、人事村だけの会話だといいですが、一般社会では誤解・曲解を招きかねません。

グリーンリーフが指摘するサーバント・リーダーの12の持ち味というのが、整理されているのでご紹介します。

①リードするという個人の側の意識的なイニシャティブ
②大きな夢、ビジョナリーなコンセプト、究極のコミュニケーション(いったい何をやりたいのかがわかっている)
③傾聴と理解(サーバントは第一に聞く)
④言語と想像力
⑤控えることを知っている(でしゃばりすぎない、目立とうとばかりしない)
⑥受容と共感(サーバントには断られない)
⑦感知力、予見力(知りえないことを知り、予見しえないことを予見する。しかし、超自然的なものではない)
⑧直感、信頼、決断
⑨見直し
⑩気づきと知覚
⑪説得上手
⑫癒しと役立ち(一緒にいるとホッとするし、尽くしてくれる)

話はいきなりずれてしまうのですが、この12個を読んでいると、キャリアカウンセラーのスーパーバイザーというのは、スーパービジョンの場においては、サーパント・リーダーであることが望ましいと感じましたが、いかがでしょう。

サーバントリーダーシップ入門サーバントリーダーシップ入門
(2007/11/06)
金井 壽宏池田 守男

商品詳細を見る


《2010年10月1日》 下期入りです。ここ数日考え続けて、下期の人事の方向性がだいたい決まりました。週末に絵にします。週末はほかにもやること(というよりもやらなければならないこと)が多く、仕事三昧です。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2010/10/01 23:21】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |