FC2ブログ
曖昧で理不尽な社会へようこそ
金曜日から多くの企業で新卒新入社員研修が始まっていることと思います。

冒頭で役割がら挨拶というか訓示というか講話というかをさせてもらうのですが、今回はちょっとあって時間的にゆとりができ、かなりしゃべくってしまいました。

様々な話をしましたが、冒頭のメッセージは「曖昧で理不尽な社会人の世界へようこそ」的なものとしました。私はもともと大学までの世界と、社会に出た以降の世界の相違は「曖昧さ」だと持っていましたが、ある時に慶應義塾大学の花田光世先生がインターンシップに取り組んでいる学生に対して、社会は理不尽なものだといっている話を伺ってから、なるほど、そこまで言う必要があるのか、でも確かにその通りだと思い、それ以降は「曖昧さと理不尽さ」というようになりました。

でも、ちょっと冷静ら考えると社会というものは曖昧で理不尽だからこそ、面白いという面が間違いなくあります。仮に、曖昧さも理不尽さも微塵もない社会を考えてみましょう。すべてが整然ときちっとした社会では、ものごとは方程式通りに動きます。そんな社会では、頭のいい奴が必ず勝つわけです。

でも、この社会は幸せなことに、曖昧さと理不尽さに満ちていますから、必ずしも頭のいい奴でなくても勝てる可能性があるわけです。何がどこでどうなるかわからない要素に満ちているからこそ、誰しもにチャンスが芽生えるわけです。もちろん、超エリート新入社員で固めている企業もあるでしょう。でも、そんな企業が必ずしもビジネス界で勝ち続けられないのが、この世界の面白いところなのです。

全国の新入社員の皆さん、この曖昧で理不尽な社会へようこそ。思う存分に一緒に楽しみましょう。

《2011年4月3日》 夜は西葛西でホルモン。なかなか良い就活生のバイト君でした。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
スポンサーサイト



【2011/04/03 22:16】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |