FC2ブログ
今年という年を忘れないための
今日は忘年会の最ピーク日の1つかもしれません。私も2つを掛け持ちしましたが、フェイスブック上でも、どこで飲んでるとかいったのが立て続けに流れていました。

忘年会という言葉の本質はよく理解していないのですが、今年は格別の思いを持っています。いうまでもなく、2011年3月11日を含む年が暮れようとしていることに対してです。ですから、忘年会というのは、今年あった嫌なことを忘れる会ではなく、今年という年を忘れないための会だと任じています。都心の賑やかさをみると、3月・4月のあの暗く沈んだ夜が同じ年にあったということが、感覚的に理解しにくくなってきます。東京でも余震におびえながら、商品がからっぽのコンビニを横目に、とても飲みに行くような気分にはなれずに家路を急いでいた日々が、わずかに9カ月前だったとは……。でも、忘れてはいけません。風化させてはいけません。いまだにこれは過去ではなく、まぎれもない現実として横たわっているのですから。

忘年会シーズンも後半に入ります。是非、2011年という年を、日本人として忘れないために、忘年会を数多く開催しましょう。今日は東北の酒を飲みました。

《2011年12月16日》 今日の1軒目はある会社さんがクライアントと社員のために開催したクリスマスパーティでした。そこで親戚の大学生にばったり会いましたが、世の中狭いものですねぇ。
スポンサーサイト



【2011/12/16 23:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |