FC2ブログ
内田塾、初参加
昨日はキャリアカウンセリング協会が提供してくれる「内田塾」でした。スーパーバイザー養成講座修了者が参加できる内田先生じきじきの指導のもとでケース記録をあたる3時間の勉強会でした。私はなんだかんだいって、初参加です。本来であれば丸1日かけるようなコンテンツですが、比較的なれたメンバーが集まっているとはいえ、3時間でやるのはなかなか厳しいものがあります。

スーパーバイザーというのは、キャリアカウンセラーの向上を支援する役割です。キャリアコンサルタント1級試験はまさにこのスーパーバイザーとしてのレベルを問います。そんな中で一緒に学ばせていただけるのは、ありがたいことです。

カウンセラーがクライアントと行ったカウンセリングのケース記録をまず読み解きます。GCDFの場合、その場でメモをとらないのが普通ですから、ケース記録は逐語とは程遠く、これをどうとらえるかがまず問題です。

クラスの中では、カウンセラーにしてみたい質問をまず列挙します。質問をするからには、何か明確にしたいことがあるわけです。それも明記します。さらには、ケース記録からとらえられた、このカウンセラーの特徴(プラスの特徴、ネガティブな特徴)を整理します。そんなことを30分くらい個人作業した上でグループ討議です。そして、全体の共有、内田先生の講評と続きます。

後半は、逐語録が配布されます。現実ではありえないのですが、ケース記録を作成したのと同じ面談の逐語録になります。この逐語録をみると、いかにケース記録を用いてスーパービジョンをするのが難しいかということを再認識できます。逐語録から、どんなクライアントであるかを整理し、そのクライアントが面談の中でどう変化したのかを整理します。そして、最後には逐語録まで含めて、どのような特徴をもったカウンセラーであるのかを整理します。

久しぶりでしたが、いい3時間でした。終了後は、スーパーバイザー養成講座の同期と忘年会。乾杯はなんと22時です。でも、紹興酒ボトルのお代りを重ねて語りあいました。私はキャリアカウンセラーのスーパーバイザーという業務は一切していませんが、日常の仕事の中でスーパーバイザー養成講座で学んだことは非常に役に立っています。マネージャーとしてメンバーに対峙するとき、カウンセラーに対峙するスーパーバイザーに近い視点でメンバーの話を聞くことがしばしば有効です。

でも、飲み会で改めてやる気が出ました。来年はたぶん1級を受けてみます。私はGCDFのカリキュラムを支持し、またGCDFを取得した仲間を愛しています。1級取得者にGCDFがあまりいないようなことになるのは寂しいものがあります。だから、自分も何か貢献をしないとと思ったりします。しかし、仲間から見せてもらった1級の筆記試験は難しいですよ。

《2011年12月19日》 慶應義塾大学日吉キャンパスにてインターンシップの最終報告会。後日ここでも書くかとは思いますが、貴重な場でした。こちらが力をもらった感じです。




スポンサーサイト



【2011/12/19 23:58】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
能動的惰性
まだ、ちゃんとご紹介できていないのですが、神戸大学の松尾睦先生が新著「職場が生きる 人が育つ 経験学習入門」をダイヤモンド社から出版されました。おそらく本邦初の経験学習に関するビジネス書ではないかと思います。松尾先生の理論は、このブログでも何度もご紹介していますが、今後、時間をみて本書の内容も丹念に紹介していけたらと思っています。

今日は、本書の中からはっとさせられた言葉を1つご紹介します。
それは、「能動的惰性」。

なんともいえない語感ですよね。これは経済学者のサルとホルダーが提唱した概念であり、松尾先生の著書では、
「環境が変化しているにもかかわらず、過去に成功した手法に頼り、それをさらに強化して対応しようとする成功」と説明されています。

いうまでもありません。ですから、アンラーニングとか学びほぐしが求められるのです。しかし「能動的」というくらいですから、意識してよいことだと思ってこれを行っているところが難しいところです。そしてこの主体者はおうおうにして過去の成功者でもあります。強固な成功体験があればあるほど、この罠に陥ります。過去の成功者が自らアンラーニングをすることは大変に難しいことです。また、過去の成功者に「鈴をつける」のも組織では実に大変なことです。

とここまで、この文を読まれた方。人ごとだとは思わずに、自分にあてはめて考えましょう。自分の中にもきっと「能動的惰性」は隠れています。仕事がそれなりにできる人であれば、まず何かしらはあるのではないでしょうか。もちろん、これ、自分自身にも言っているつもりです。でも、難しい……のはわかりますが。逃げないようにしましょうね。

「経験学習」入門「経験学習」入門
(2011/11/26)
松尾 睦

商品詳細を見る

アマゾンに酒井穣さんが書評を書かれていますので、ご参考にされるといいかと思います。


【2011/12/19 23:37】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |