FC2ブログ
メディアの氾濫の中で
人事の世界でもメディアが溢れてきました。

もともとは紙媒体しかなかったところに、「日本の人事部」が草分けでしょうかweb媒体が広がってきて、「労政時報」なんかも本冊をみることは稀になってきました。web媒体は参入・撤退が容易ですから、次々の新規参入があるのは当然です。

そしてここ1~2年の顕著な特徴はリアル媒体というか、実際に各社の人事担当者を集めてのイベント的な集いが増えたことです。「HRプロ」「日本の人事部」のカンファレンスが定例化され、「Learning Bar」インスパイアな企画も増え、ワールドカフェという手法の一般化がこれに拍車をかけています。また、各ベンダーの顧客囲い込み的な企画も増えています。

こうなると、すべての媒体に目を通せませんし、すべてのイベントに足を運ぶことも不可能です。

こういったメディアには必ず作り手がいます。毎週火曜日に送信されてくる「日本の人事部」のメルマガ、毎月ボリウムのある各種事例や記事を届けてくれる「人材教育」、毎号ちょっと捻ったセンスににやりとする「Works」、このあたりについては作り手の皆様とたまたま知り合いなので、目を通す際の気持ちも変わってきます。作り手の思いを感じながら拝見することができます。メディアがリアルなかたちで、各社の人事の担当者と接点を持つことで、何らかの双方向の流れができてくるとこれはとても面白いでしょう。

たまたま今日は、思い付きで、ある方とあるメディアの方を結び付ける機会を作れました。何かの勢いで、これが記事になり、つながりがつながりを呼ぶ…、それはとても素敵なことです。


《2011年12月28日》 麹町の「文字平」さんで今年最後の忘年会。にっぽんお好み焼き協会のイベントをこちらで来年は開催する予定です。






スポンサーサイト



【2011/12/28 23:57】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |