FC2ブログ
年の瀬、雑感
いよいよ今日で、2011年も最終日です。寒いですけど日差しのある冬らしい天気です。誰しもが忘れられない、いろいろなことがあった2011年。そんな年の瀬の雑感で、ブログは締めくくります。

新浦安のケーズデンキ。デジタルビデオのコーナーが極限まで縮小されていました。この分野、日本企業は淘汰されてきており、すでに4社寡占になっているとか。トップがSONY、それに並ぶ2強がパナソニックで、あとはキャノンとビクターだとか。ちょっと前までは6社あったんですけどね、と店員。売り場は極端な品薄。これじゃ売り場の縮小やむなしという感じです。最大の要因はタイの水害でSONY製品の供給が止まったこと。すでに3つある価格帯のうち、中価格帯のものしか置いていません。それもあと数点とか。その余波をもろにかぶって、パナソニックの商品も極端な在庫薄になり、1品種のみしかありませんでした。世界はつながっています。

葛西のイートヨーカドーには震災前から「ふくしま市場」という福島県産品を売る特設の店舗があります。これ、結構大きなスペースをとった常設の店舗です。福島産品に強い逆風の吹く中、毎日大勢のお客様でにぎわっています。店長をはじめとしたお店の方々の地道な努力のたまものかと思います。

テレビで掃除機みたいな奴から高圧の蒸気が出る機械を紹介していました。これでガス台のゴトクなんかを掃除すると、まじでピカピカになるみたいです。と思っていたら、これが知らないうちに我が家にもありました。大掃除でも大活躍です。窓もサッシからすべてピカピカになりました。画期的な技術というよりも、既存技術を新用途応用させたタイプの商品なのだと思いますが、それもまたイノベーションですね。

私の住むマンションは400世帯ほどの比較的大型のものですが、ゴミの集積所があります。コンビニくらいの大きさなの独立した建物なのですが、31日から3日までは施錠します。で、昨日は年内のゴミを出す人で、大賑わい。日本の風習はいろいろとなくなってきていますが、大掃除という習慣はそれなりに残っているようです。会社のデスクまわりも大掃除をして、きれいになっています。新年に対する思いは日本人はかなり強いですね。2012年、どんな年にしますか。

そんな新年ですが、日本酒を飲む人が増えるようですね。西友南葛西店では、いつもの3倍くらいの売り場を日本酒に割いていました。タイミング良く売り場を変えられるか変えられないかで、売り上げは大きく変わります。毎日、同じことをやっていては駄目です。

それにしても流通は休みを知りません。イトーヨーカドー葛西店は大晦日も元旦も10時から21時まで営業です。ヨーカドー社員がお父さん、お母さんの家の子供は家族そろってのお正月というのを迎えられない宿命ですね。ヨーカドーに物を運ぶ物流業者の皆様もそうですし、日配の様々なベンダー企業の皆様、そういった企業に原材料を納入する企業の皆様……、というように連鎖は続きます。連鎖の頂点には私たち消費者・生活者がいるのですが、私たちの望み以上のものがかなえられている傾向もあるようです。ただ、それがマーケティングだといわれるとそうなのかもしれませんが。

大晦日は年越しそば。ここのところは南葛西エリア一番の蕎麦屋である「清かわ」で早めに食べるケースが多いでしょうか。今日も遅お昼ででかけました。なかなか魅力的な日本酒のラインナップを持っている店ですが、自動車でいったためアルコールは抜きです。この店の難点は、駐車場が極端に狭いこと。今日も2台が駐車場の車庫入れで接触して、おまわりさんを呼んでいました。とんだ年の瀬ですね。

多くの知り合いの大晦日の過ごし方がフェイスブックでどんどん伝わってきます。そういうと私はもうほとんどツイッターでつぶやくことがなくなりました。使うとするとフェイスブックの方ですし、ビジネスの連絡も結構、こちらで終わるケースが増えました。1年前には想像すらできなかったことです。大晦日の皆さんの過ごし方を見ていて、フェイスブックはSNSである以上に個人が気軽に発信できるメディアであることを改めて確信しました。高校一年生の頃、1年B組のメンバーを対象に「週刊いちびい」というメディアを毎週発信していました。自宅にガリ版印刷機を購入してのガリ版刷りです(ガリ版を知っている人がどのくらいいるのでしょうか)。当時、メディアを持つことは容易ではありませんでした。誰もが気軽に発信できるメディアを持てる時代、これが適正に運用されれば、ものすごく創造的な世界が生まれるに違いありません。

政治は消費税で揺れています。足を引っ張るのが自分たちの仕事だと思っている人がまだまだいるのでどうにもならないのですが、つまらない正論を吐いて思考停止を招くのはやめたいですね。

2012年、あと少しでやってきます。絶対にいい年にしましょうね。


《2011年12月31日》 今年も大変にお世話になりました。本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



【2011/12/31 19:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |