『「科学的」に読み解く、新卒採用活動の課題と対策』のご案内
例年ですと、大手志望の就活生のうち、首尾よく内定を採りつけた学生がキャンパスに戻る時期です。

4年次のゼミや研究室、卒論に集中する時間を確保したり、はたまた仲間たちと遊んだり、バイトに精を出したり、世界に飛び出したりと、就職先決定後の4年生はギャップ・イヤーのごとく(?)、やりたいことに集中できる時間を勝ち取れていました。もちろん、就活を終えられていない仲間に気を使いながら、また自らの進路についても改めて悩み、再度就職活動を進める人も少なくはなかったですが。

今年は様相が変わり、就職活動が4年生の夏まで続きます。昨夏からインターンシップという名のもとで疑似就職活動を続けている人であれば、1年間の長きにわたる就職活動になっています。今年の就活スケジュール変更に伴い、否応なく就職活動は長期化の様相を呈しています。大学の授業などにはどんな影響が出ているのでしょうか。

これは、できもしないものを半端にマネジメントをしようとした結果です。採用活動も個々の企業活動なのですから、法令順守、公共の福利の意識といった企業市民として必要最小限の襟の正し方さえ意識させればいいのに、時期論で強制するので、あまたに欺瞞が溢れ、変なことになってしまっています。

てな、話をながながとしようと思っていたのではなく、今日はシンプルに告知でした。日本の人事部が主催するHRカンファレンスに、今回も新卒採用ネタでボランティア的にご協力します。

今回のタイトルは、『「科学的」に読み解く、新卒採用活動の課題と対策』です。

当日の冒頭プレゼンのパワポを早くも創り始めていたのですが、内容的には「科学的に採用を考えなければならなくなった背景の理解」であるとか、「新卒エントリーマネジメントにおける採用の位置づけ」、「新たな採用担当者に求められること」とかいう話に、今日のところはなっています。今まで言ってきたことを異なる切り口からとらえてみようとしています。

世の中では、多くのコンテンツが無料化し、ビジネスは広告モデル化しつつあります。これが加速し過ぎる風潮には個人的に少々危惧をしています。HR関連のカンファレンスも同様で、このHRカンファレンスもほとんどの講座が参加費無料です。そんな中、なぜかこのセッションは3000円もの参加費用をとるという強気のセッションです。ランチセッションという位置付けで、ランチが提供されるのですが、MALLの私のラボでしたら、あと1000~2000円は高くなりますが、4000円か5000円でたいてい実質上の呑み放題もつきます。ですから、けして安い講座ではありません。

それでも集まりたいという方だけが集まり、単に知識とノウハウを取得するだけではなく、知的刺激を受け、仲間との交流を行い、つながりの中で新たな何かに踏み出せるような場にできればと思います。

よろしければ、是非、お申し込みください。当日、語り合いましょう。

DSC_0154.jpg





スポンサーサイト
【2015/04/29 21:41】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界に誇る「神田西口商店街研修」
毎年、4月は自宅の最寄りの駅から自宅までの間を徒歩で帰ります。まあ、終バスがないので選択肢がないというのも現実ではあるのですが、歩きながら何をするのかというと、スマホで新入社員研修中の新入社員の日報を読んでいます。自宅まで約20分、その前の電車の中から読んでいると、ちょうどよい時間です。

で、今日の日報が目茶目茶、濃い。本当にうれしい。

昨日、朝から晩まで「神田西口商店街研修」を実施しました。ネタばれになるので何も内容は書けませんが、目茶目茶リアルで真剣な1日なのです。人事からも担当者以外も大勢が神田西口にやってきます。これまでどんなにいろいろな研修をやっても、本気になりきれなかった、企業人としてのリアルな現実に本気で向き合えなかった新入社員も、皆がほんとに目の色を変えるキラーコンテンツです。昨日の夜は終了後に終電までの1時間、人事のメンバーだけで思わず呑みにいかないわけにはいかないというほど、嬉しい時間でした。

そして、今日。午前中にその振り返りの時間がありました。ここには私は立ち会わなかったのですが、こんな日報が出てきたというのは、担当者が午前中の振り返りをきちっとやり抜けたことを意味します。これが何よりもうれしい。そして、ひとりひとりの新入社員が、昨日の感動を一過性の思い出にはしなかったことを意味します。それも何ともうれしい。

新入社員研修というのは、配属というゴールに向けて、日々様子をみながらのチューニングの連続です。様子をみる最大のツールは日報です。私は1カ月の中で4コマ、登壇の時間をもらってています。自分の時間がしばらくないときは、担当者にあれこれと注文をつけてチューニングをします。ただ、これは善し悪しで、いろいろというと担当者が委縮したり、正解探しをしたり、混乱をしたりといったことが起こります。だから、最小限にこしたことがありません。それにしても、今日の振り返りはきっととてもいい時間を担当者が、そしてそれぞれのメンバーが創ってくれたんだと思います。こういうのは、上司冥利につきます。

明日の午後は半日、私の担当時間です。一時の様子だと、コンテンツを大幅に入れ替えないとヤバいかなと思ったのですが、当初予定とおりでほぼ行けそうです。これも、とても幸せなことです。そして、着実に配属の時が近づいてきます。

DSC_3761.jpg
※ここが研修の舞台。私にとっては前職のおひざ元というのも感無量。
【2015/04/22 23:59】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まるます家でひらく出版記念吞み会ができるのは溝上さんだけ
先週の話が続きます。

人事担当であれば、きつとどこかでその文章は読んだことがあるはずの労務ジャーナリスト、溝上憲文さんは、光栄なことに呑み仲間なのですが、今回、キャリアデザイン学会の「キャリア・ライブ」に登壇するように引っ張り込みました。

*****************************************************************
キャリア・デザイン・ライブ! 第二回
2015年度から、夕刻の研究会の“スタイル”を新しくします。これまで報告と質疑応答というスタイルでしたが、
短い報告の後に対談の時間を挟んで、参加者を交えての議論にいたしたいと思っています。
皆様、ライブを楽しみながら勉強をしましょう。

第二回のゲストとテーマ
溝上 憲文氏(人事ジャーナリスト)
「労働時間から考える働くこととキャリア形成について」
*****************************************************************

この交渉吞み会というか、打合せを日本橋で日本酒のラインナップが素敵な店でやったのですが、その際に溝上さんが出版をされた 『2016年 残業代がゼロになる』(光文社、2015年) の出版記念パーティをやろうという話になりました。私が溝上さんに初めてお会いしたのは、立石の「宇ち多゛」の前の行列です。2度目にお会いしたのは新宿ゴールデン街だったと思います。そんな溝上さんなので、ホテルで出版記念パーティとかやっても似あわないよねとなって決まったのが、なんと赤羽「まるます家」2階、土曜日のお昼に貸切出版記念吞み会という大企画です。労務ジャーナリストの世界は、酒好き、酒場好きが多いようで、この企画が大変な反響を呼び、2階の床が抜けないぎりぎりの人数35名が集い、先週の土曜日に、にぎにぎしく出版記念吞み会を開催することができました。

お昼の2時半に終了しましたが、35名の酔客が赤羽の街に放たれ、そこかしこの吞み屋で2次会、3次会、4次回が夜まで繰り広げられました。なんか、この濃さは本当に素敵です。
こういう濃って、なんとなく「HR」とかじゃなくて、「労務」って感じです。

DSC_3723.jpg
※もはや赤羽のランドマーク、まるます家。貫禄のある外観です。相変わらず、午前中から並び客です。

DSC_3720.jpg
※寒気かしたので、暖まりにちょっと丸健水産に立ち寄ってから行きました。NHK72時間に出たからでしょうか、10時30分でも大行列でした。
【2015/04/21 23:56】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「楽器で笑顔基金 「No!風化」ライブ、そして新入社員研修へ
先週の木曜日16日は、「楽器で笑顔基金」の東北復興を願う「No!風化」ライブでした。

「NPO法人 楽器で笑顔基金」はミュージシャンのペッカー橋田さんが中心になっている活動で、被災地にに楽器を送り続ける活動、今回のような東京での支援ライブ活動、被災地の学校などをめぐる音楽活動をなどなどを地道に続けておられます。たまたま「ごじかん会」という企業人事関係者の集まりの創生メンバーが、ペッカーさんと意気投合してこの活動の立ち上がりに立ち会ったこともあり、ずっと関係を続けさせていただいており、何があっても「No!風化」ライブだけには足を運ぼうと常に思っています。今回も足を運んだのはいいのですが、前日からの体調不良にて、最後まではおられず、ここの写真も「楽器で笑顔基金」のフェイスブックページから拝借したものです。体調はライブでは直りませんでしたが、元気は大変にもらいました。常に、明るいこと、元気なこと、その大切さをあらためて実感しました。

そして、ペッカーさんには震災の年から毎年、私のいる会社の新入社員研修に登壇していただいています。登壇といっても、講義をするわけではなく、ドラムサークルの簡易版(?)を研修室でやります。今年も今週の金曜日、配属通知式の直前のコマにペッカーさんの時間を持ってきました。

どんなに熱を入れた講義をしても、音楽には勝てないことが沢山あります。
そういったものをビジネス世界の人材育成に取り込んでいくことも、私たちの大切な役割です。

楽器で笑顔基金


【2015/04/20 23:22】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新入社員研修の Comfort Zone と Stress Zone
史上最高のさぼり具合でブログ執筆をさぼっていますが、久しぶりに書きます。新入社員研修についてです。

私のいる会社では、新入社員研修は1カ月間実施しており、連休で配属のための移動、連休後に配属部署に出社というスケジュールです。なので、研修期間はあと2週間、いよいよ追い込みです。

で、追い込みはいいのですが、どう追い込むかが問題です。

少し話は変わりますが、ラーニングイノベーション論の書籍化でもある「人事よ、ススメ」で、玉川大学の難波先生の講を拝読しました。実はこのコマ、私達第1期にはなかったので、その内容の奇抜さ、愉しそうさかげんに注視するあまり、そこから何を学べたのかを理解していなかったので、書籍で拝読させていただき、ほんと良かったと思いました。

ここで、Comfort Zone、 Stress Zone、 Growth Zone の3つのゾーンの3層になった輪の話が出てきます。Comfort Zone とは、予期できる安心の世界、自分が自信を持てる楽な世界、やった経験のあるよくわかる世界のゾーンです。つまり、60%くらいの力を出していれば、そこそこやっていけちゃう世界です。当然ですが、そこにとどまってしまっていては成長できません。
Stress Zoneは、その外側にある世界で、知らない世界、予知できない世界、予測不可能な世界、恐れを感じる世界、劣等感を感じる世界、そして何よりも不安を感じる世界です。人が、Comfort Zoneを一歩出ると、そこにはStress Zoneが待ち構えています。そして、そのStress Zoneを通り過ぎることによって、成長がもたらされるGrowth Zone に辿りつきます。また、Stress Zone へのチャレンジを続けることにより、Comfort Zone はどんどん大きくなります。個々も大事なポイントです。

説明が不親切で、よくわからない方は、是非、書籍を買ってお読みください。ほんとによい本です。

で、本題に戻るのですが、新入社員研修設計の醍醐味は、いかにStress Zoneに新入社員を追いこむかです。それも、ストレスでつぶれてしまわないように追い込まなければなりません。できるだけ自分たちで踏みこませなければなりません。いったん、健全な不安感溢れる世界に冷酷に突き落とし、その世界の中でもがくことによって、不安感を呼び起こしている要素を自分なりに理解・把握して、その不安感を少しでもつぶし、克服するために自分の頭をつかって考えるようなパターンに追い込むわけです。

このあたり反応に個人差があるので、難しいです。過度にStress Zoneで苦しむ人、いつまでたっても何を刺激しても、Comfort Zoneにいる人、下手をするとComfort Zoneに居ること自体になかなか自分で気づかない人もいます。過度に不安な人は、個別にフォローが必要ですし、その逆の人にも個別にフォローが必要です。そして、時に全体に投げかけることも必要です。新入社員の状態をみながら、日々、チューニングをしていく、これが1カ月という長期間にわたる研修をマネジメントする醍醐味です。1日の研修や、1泊2日の研修でも基本は同じなのですが、1カ月というダイナミックさの中でのチューニングは研修担当者冥利につきるものがあります。

なので、新入社員研修の担当は、なるべく多くの若手・中堅社員に携わってもらえるようにしています。
あと、2週間、実は新入社員研修担当者の方が勝負なのです。ここからの研修は、いかに計画通りにやらないかが、大切になってきます。

人事よ、ススメ!  ―先進的な企業の「学び」を描く「ラーニングイノベーション論」の12講 (碩学舎ビジネス双書)人事よ、ススメ! ―先進的な企業の「学び」を描く「ラーニングイノベーション論」の12講 (碩学舎ビジネス双書)
(2015/03/11)
中原 淳、松尾 睦 他

商品詳細を見る
【2015/04/19 20:02】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホウレンソウができない2つの理由
全国的に新入社員研修が始まっていますが、新入社員研修で必ず教える言葉の1つにたぶん「ホウレンソウ」というのもあります。しかし、これ。新人でなくても、なかなかできないものです。

モチベーションアップ社の提供するホウレンソウ・ポスターは大好きなのですが、そこにホウレンソウについて、わかりやすい整理がされています。

報告=義務
  1.結果を先に、簡潔に!
  2.長期の仕事は中間報告を!
  3.ミスやクレームは早く!
     結論:報告とは上司の関心事に合わせてするもの!
連絡=気配り
  1.面倒がらない!
  2.「言ったか」ではなく「伝わったか」を確認!
  3.お礼は早く!
     結論:相手の欲しいことを欲しいときに伝えること!
相談=問題解決
  1.あらかじめ、相談する内容を整理する!  
  2.ギリギリはダメ!余裕を持って相談を!
  3.結果の報告とお礼を忘れずに!
     結論:人の力を借りて、自分が成長するチャンス!

要は、仕事を早く終えたいと思ったら、仕事を効率的に進めたいと思ったら、ホウレンソウは欠かせないのです。つまり、結果的に自分の役にもたつ行為なのです。

なのになぜ、ホウレンソウができないのか。

大きくは2つなんだと思います。

1つは、「未来イマジネーション力」の不足です。これをやらないとどうなるか、このまま進めるとあの人はどう思うか、これって自分だけの手に負えるんだろうか、などどこれからのことを常に考え、それに対処したり、備えたりしようとすれば、どうしてもホウレンソウをしないわけにはいかなくなります。定型的な仕事ばかりをやっていると、この「未来イマジネーション力」は育ちません。未来が日々ぐるぐる変わるような立場に若いうちから置かれることは大切なことです。

そしてもう1つは、「自己保身欲求」の高さでしょう。恥をかきたくない、傷つきたくない、間違いを指摘されたくない、面倒を回避したい、そんな意識的、無意識的な欲求がホウレンソウを避けようとします。露骨な隠ぺいなんかもこの延長上です。でも、結局はホウレンソウをしない方が、「自己保身欲求」が満たされないヤバイ事態を招くに違いないのに、それに気づかないのでしょう。
「自己保身欲求」の強い人は、成長欲求が往々にして弱い傾向があると思います。「自己保身欲求」が強かったり、ホウレンソウをしなかったりすると、他者からのフィードバックをもらう機会が大幅になくなります。他者からのフィードバックは、ある意味では経験学習サイクルをまわすエンジンでもありますから、成長は当然に鈍化します。成長したいという人は、他者からのフィードバックに飢えているものです。

これは私の勝手な思いつきの整理ですが、結構、いえてんじゃないかなぁと思います。どっちの理由でホウレンソウ不全が起こっているのかによって、処方箋は明らかに違いますね。
皆さん、いかがでしょうか。

DSC_3663.jpg
※近所の桜の名所。





【2015/04/02 22:59】 | 仕事の進め方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新入社員研修、全国的に始まります
ちょうど1か月前、経営学習研究所sMALLラボ主催のイベント「新入社員研修 ちょっと早い前夜歳」、まだ詳しいリフレクション・ブログも書かないうちに、今日は入社式&新入社員研修初日です。

あの日に集った皆さん、いよいよ本番ですね。それぞれの持ち場でしっかりとやりましょう。

あの日、参加していた学生から「企業の人がこんなに真剣に考えて研修をやってくれているとは思いもしなかった」といわれましたが、ほんととどまるところなく真剣に考えています。皆さんの様子をみながら、プログラムも変えるし、パワポも差し替えます。とってもライブな1カ月が始まります。人材育成担当者の正月です。

新入社員研修が終わる頃にでも、3月1日参加者中心でのOFF会、やりたいですね。

DSC_3582.jpg
【2015/04/01 00:49】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |