FC2ブログ
筒井康隆展に行ってきました
筒井康隆展に行ってきました。

世田谷文学館です。急行で行ったので、千歳船橋から歩きました。ここに来るのは「日本SF展」以来です。帰りは芦花公園まで歩いて、荻窪・西荻窪の旅に向かいました。
中学校から高校にかけて、日本のSF第1世代・第2世代の作品は読みつくしましたが、その中でも一番、好きだったのは筒井康隆です。多くの作品が好きですが「家」とか「熊の木本線」とかいう感じのとても好きです。
私の社会学士としての卒論は「日本SF史」でした。かなりのページを筒井康隆が直木賞を何度もノミネートされながら取れなかった話に費やした記憶があります。ただ、その後、筒井康隆の作品の多く文芸誌で掲載されるようになります。そして、純文学とSFの境界はとろけていきます。1962年は私の生まれた年ですが、この年に初めての「日本SF大会」、通称メグコンが開催されています。生まれるのが少し遅く、1つのジャンルが生まれる高揚感を同時代体験できなかったのは残念です。ただ、世の中の認知はなかなか厳しく、その頃にあった「日本SF作家クラブ」の旅行の際に、宿の看板が「日本SFサッカークラブ」になっていたというのは有名なお話です。
高校・大学の頃は、日本・アメリカ問わず、SF作品を読み漁りました。高田馬場、神保町の古書店で買い漁りました。ギネスにチャレンジの勢いで、1日に17冊読んだ日もあります。月に100冊読んだ月もありました。SFから得たセンス・オブ・ワンダーは、自分の思考に強く影響を与えていると思います。
今は、書店に行っても「SF」という棚はなくなりました。ジャンルとして「浸透」していったSFが、他のジャンルとの境界線をなくして「拡散」しつくして、ジャンルとしての独立性を失っていったのです。ある意味、あらゆるものがSF化してきたのだともいえます。ちょうどその「拡散」が強まり始めたのが私の大学時代で、私が卒論を書いていた頃です。
1年くらいかけて、全作品を読み返そうかなと思ったりします。それにしても、読書量が減りました。これは明らかに反省事項です。

DSC_3662.jpg 
世田谷文学館の入り口。わくわく。

DSC_3675.jpg 
生誕の年1934年から、1年ずつの展示。読みふける。途中から同時代体験になる。

DSC_3666.jpg 
作品集。基本的にほぼすべて持っている。実家のグルニエに眠っている。

DSC_3665.jpg 
作品マップ。こういうの愉しい。

DSC_3676.jpg 
第1回SF大会の写真。目黒でやったのでメグコン。1962年。自分が生まれた年。

DSC_3674.jpg 
原稿用紙で原稿を書くってすごい。

DSC_3679.jpg 
記念品のしおり。もちろん購入。もっと写真あるけど、このあたりで。




スポンサーサイト



【2018/11/25 23:45】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |