FC2ブログ
人事の書棚から107-109
書くことが一杯あって1カ月以上やっていませんでしたが「人事の書棚から」です。

人事の書棚から:107 「働きざかりの心理学

亡くなられた河合隼雄先生の本。ご本人のお話をリアルで伺う機会は一度も残念ながらありませんでしたが、暖かくユーモラスな心を伝わってくる著作はかなり読ませていただきました。本書が出たのは昭和56年。まだ私が学生の頃です。当時から現在まで、世の中は本当に大きく変わりました。インターネットもなかった時代ですし、ビジネスにパソコンも使われていなかった時代ですからね。でも、本書の内容はまったく古くないのです。もちろん使われている例示は色あせているものも多くあるのですが、実は「働きざかり」を取り囲む本質はあまり変わっていないのかもしれません。たぶん、高度成長経済が終わった後には大きな断層があったものの、それ以降は意外と本質は変わっていないように感じます。

働きざかりの心理学 (新潮文庫)働きざかりの心理学 (新潮文庫)
(1995/04)
河合 隼雄

商品詳細を見る


人事の書棚から:108 「裏庭」

小説です。分類的にはファンタジーですかね。なぜ小説を取り上げているかというのは、あとで説明します。日本には昔話という質の高いファンタジーは多くあるのですが、現代文学では日本ファンタジーというのは弱い分野でした。でも、これは傑作ですよ。出会えてよかったです。

裏庭 (新潮文庫)裏庭 (新潮文庫)
(2000/12)
梨木 香歩

商品詳細を見る


人事の書棚から:109 「智恵子抄」

説明するまでもないですが詩集です。なぜ詩集を取り上げているかというのは、あとで説明します。中学の時以来の再読です。新潮文庫版を読んだのですが、最後に「智恵子の半生」という随筆がついています。24年間の結婚生活をへて、精神分裂病と闘った上で智恵子さんが亡くなった2年後に書かれたものです。これが実に読み応えがあります。凄まじいものを感じます。

智恵子抄 (新潮文庫)智恵子抄 (新潮文庫)
(2003/11)
高村 光太郎

商品詳細を見る


さて、この3冊の共通点は何でしょうか。わかる人は関係者だけだと思います。

キャリアカウンセリング協会のスーパーバイザー養成・認定講座の中で、メンタルヘルスに関する講座が2日間あります。東神田クリニックの大庭先生が担当されたのですが、その2回目の事前宿題としての課題図書でした。大量の課題図書が出て、その中から好きなものを読んでくるという仕掛けなのですが、私が読んだのがこの3冊と既に紹介した『「うつ」を治す』(大野裕著)の計4冊です。残りも時間をみて読み続けたいと思っていますが、残りのうちの一部を紹介しておきますね。

「デボラの世界~分裂症の少女」ハナ・グリーン著 みすず書房
「精神病」笠原嘉著 岩波新書
「強迫性障害~わかっちゃいるけどやめられない症候群」久保木富房著
「パニック障害」界谷久宣著
「心身症」成田善弘著 講談社現代新書
「PTSD~人は傷つくとどうなるのか」加藤進昌著 日本評論社
「パーソナリティ障害~いかに接し、どう克服するか」岡田尊司著 PHP新書
「水辺のゆりかご」柳美里著 角川文庫
「愛を乞う人」下田治美著 角川文庫
「対象喪失~悲しむということ」小此木啓吾著 中公新書
「自閉症だった私へ」
「永遠の出口」森絵都著 集英社
「風葬の教室」山田詠美著 新潮文庫
「蹴りたい背中」綿矢りさ著 河出書房新社
「ゴールド・ラッシュ」柳美里著 新潮文庫
「少年期の心~精神療法を通しみた影」中山康宏著 中公文庫
「ライフサイクルの心理学」講談社学術文庫
「大河の一滴」五木寛之著 幻冬舎文庫
「モモ」ミャエル・エンデ著 岩波書店
「こころの旅」神谷美恵子著 日本評論社
「小さな贈り物~傷ついたこころに寄り添って」村瀬嘉代子・中井久夫著 創元社
「こころの処方箋」河合隼雄著 新潮文庫
「こころの臨床家のための精神医学ハンドブック」創元社
「精神医学ハンドブック~医学・保健・福祉の基礎知識」日本評論社
「分裂病とつきあう」伊藤順一郎著 保健同人社
「自殺の危険とカウンセリング」下園壮太著 金剛出版

《2010年9月29日》 本日、ラーニングバー。またまたいろいろな方と出会うことができました。で、週末にでもゆっくり整理します。サイバーエージェントのお話も整理したいですが、ラーニングバーというもの、ラーニングバー的なものというものについても整理したいなぁと思います。週末、そんな時間あるかな。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/09/29 23:56】 | 書籍紹介 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと整理です…9月後半編 | ホーム | ダイアローグ・もやもや>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1002-d4ddd4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2011/08/05 08:40】
| ホーム |