盛田昭夫氏の「ソニーが求める人材」
ソニーの創業者である故盛田昭夫氏は、著書「学歴無用論」の中で、ソニーの求める人材についての記述をされておられます。すでに昭和40年頃から、ソニーが求める人材は「成果をあげる人」であると明確に定義しているそうです。

そして、成果を分解しており、その中身は、《成果=能力×意欲×プラス思考》であり、さらには能力・意欲・プラス思考の内容をそれぞれ次のように示しています。

成果=能力×意欲×プラス思考

1.「能力」は次の4つを指す
①基礎学力…問題解決のために必要な知識、方法論を持っている
②表現力…自分の考えを他人に理解させる事ができる。また、他人の考えを受け入れる事ができる。
③個性…誰にも負けない専門知識・得意分野を持っている。
④リーダーシップ…目標達成のためにリーダーとして人を動かす事ができる。

2.「意欲」は次の4つを指す
①行動力…人のやらない事を人より早く行う
②好奇心…どんな事にも興味を持ち、チャレンジする
③探究心…既存概念にとらわれず、常識を打ち破る事ができる
④ビジョン…こうしたい、こうなりたいという明確な目標を持っている

3.「プラス」思考とは
常に物事を前向きにとらえ、いかなる状況も楽しむことができる人がチャンスを掴む

どうでしょうか。少しも古さを感じさせないところがすごいです。

(出典:故盛田昭夫著 文藝春秋出版「学歴無用論」)

《2010年10月18日》 昨日に続いてお好み焼き店で大学生の皆さんと。半分、グループインタビュー状態でした。こちらもいろいろな学びがあります。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/10/18 23:38】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第2回お好み焼き検定、申し込み開始です | ホーム | タイタニック号の悲劇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1024-6d1f484d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |