FC2ブログ
人事の書棚から110-112
かなり久しぶりですが「人事の書棚から」です。この企画は今年の5月の連休から始めていますが、私の部屋の書棚にある人事関連の本をランダムに紹介しているものです。バックナンバーに興味のある方は、左側にある「カテゴリー」の「書籍案内」をクリックしてください。


人事の書棚から:110 「ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則」

「支援塾」第1回の金井壽宏先生の課題図書の1冊でした(課題図書は3冊もありました)。
ポジティブ心理学の本です。世の中にはポジティブ本はあふれています。変なポジティブ信仰がはびこり、どうもポジティブはすべて肯定されるべき良いものと理解されてしまい、『全国民が躍起になってなんだか見当違いの痛々しい明るさをそれはそれは忙しく演じてきた』というような状況を引き起こしてきてしまった感じがします。本書ではこれを冷静にとらえています。

『人間の脳に不意に浮かび上がる気分に無価値なものはひとつもない。すべてが重要な役割を持っている。暗さ、寂しさ、怒り、このようなネガティブな気分は、そのときのその人にとって、しても必要だからわいてくるのである。(中略)そんな脳のシグナルを無視して、やたらに「ポジティブが一番」と大声で笑い合い、心の奥と対峙せずに自己をもみ消す毎日。(中略)それはジワジワと心身を蝕み、病理へとつながっていく危険な生き方である。』

実証研究から、ポジティビティ:ネガティビティ=3:1を黄金比率と導いています。本書202ページにはポジティビティ:ネガティビティの算出表あります。定期的にこれをやってみて、自己チェックをすることも有効かもしれません。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則
(2010/06/24)
バーバラ・フレドリクソン

商品詳細を見る


人事の書棚から:111 「人材育成とキャリアデザイン支援」

川喜多喬先生の著書です。キャリアカウンセリング協会のスーパーバイザー養成講座にお出でいただいたのを機会に頂戴してしまいました。サブタイトルに「人材マネジメントの基本哲学」とありますが、そのとおりで、川喜多哲学のエッセンスが詰まっています。語り口調もいつもの川喜多節です。少しキャリアのことを考えた後に読むのに適していると思います。

人材育成とキャリアデザイン支援人材育成とキャリアデザイン支援
(2009/11/09)
川喜多 喬

商品詳細を見る


人事の書棚から:112 「チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック」

HRアドバンテージの相原さんと南雲さんの著書です。360度評価ではなく、360度フィードバックであることがポイントです。当社でも何度もご一緒に議論させていただき、若干のトライアルなどもしているのですが、どううまく活用していくのがいいのかが、まだ整理しきれていません。360度に興味がある人には適した本です。

360度フィードバック―チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック―チームを活性化し人材を育てる
(2009/03)
相原 孝夫南雲 道朋

商品詳細を見る



《2010年11月4日》 今日は3件、印象的な来客が。忙しい中で時間を確保するだけの意味があります。ありがとう、と感謝日誌っぽく終わります。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2010/11/04 23:19】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<人事の書棚から113-113 | ホーム | 新卒採用の現状をどう考えるか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1039-14619d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |