「5時間会」
人事関連の仲間との定例飲み会はたくさんありますが、今日ご紹介するのは「5時間会」。いろいろと飲み会がある中でも、とても素敵な会です。

まだ開催実績は3回と新しい会ですが、きっと長続きする会になると思います。

発端は「日本の人事部」を提供する株式会社アイキューが開催した「HRクラブ」。今年の7月から既に5回ほど開催されていますが、この初回参加メンバーが中心になって運用をされています。実は、初回の「HRクラブ」のスピーカーは私、テーマは新卒採用でした。たまたまそのときにあったメンバーの皆さんが、この仲間でもっと話をしたいということで飲み会を開催し、それが膨らんで3回続いてきています。お友達紹介はOK、ただし人事関係者のみという明確なルールでメンバーを少しずつ増やしてきています。
私は初回は欠席でしたが、最年長になるのも気にせずに、2回・3回と連続参加させていただくことができました。

こういった会が長く続くこつは最低限3つ。
献身的な幹事がいることと、コミュニケーションツールが確立されていること、それから何よりも参加者が心から楽しめることですね。「5時間会」はこの基準をしっかりと満たしています。ここまでは初回参加者の皆さんが幹事を交代で務めて来てくれており、非常にまめな運営をされています。さらには早々に会のHPまでできています。

初回メンバーの皆さまはとても学びに熱心であり、2回目以降の「HRクラブ」にも参加し続けられている方も多くいます。そこでまた出会った方がメンバーになったりと、学びがやはりキーになっています。

ですから、毎回の飲み会も趣向をこらしています。

先週にあった第3回の企画は、クリスマスも近いということもあり「プレゼント交換」。普通だと1000円以内でプレゼントを用意してね…、とかなのですが、さすが学びを愛する人たち、普通のことはやりません。交換するのは「言葉」です。各自がプレゼントになる「言葉」を持ちよります。事前に送信されたとても素敵なイラストが描かれた用紙の欄に「縦書き」で言葉を書くのです。そして欄外には、その言葉の説明なども。

順番にくじを引いていくのですが、番号に応じて誰かが持ってきた「言葉」があたります。くじを引いた人が引いた「言葉」を読み上げ、そしてその「言葉」を持ってきた人が気持ちを込めて説明をします。翌日には全員の言葉をPDFにしたものが全員に届けられます。とても、味のある企画です。

そうそう「5時間会」の名前の由来ですが、初回参加者は採用担当者ばかりですから想像つきませんか。
別に毎回5時間飲んでいるわけではありませんよ。

《2010年12月21日》 特例子会社の採用説明会。初めての企画でしたが、関係メンバーが頑張っていい会になりました。小さくてもきらりと光る素敵な会社にしたいです。



ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2010/12/21 23:39】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そもそも人事制度とは不要なもの | ホーム | 聞いてしまうことの責任>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1092-d72db0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |