FC2ブログ
キャリアラボSV~本日の紹介図書
本日は午前中に社内研修、午後は慶應義塾大学SFC研究所キャリアリソース・ラボラトリー(正式名称は長い)のスーパービジョン、そして夜は病院に。

花田光世先生のスーパービジョンの今回のタイトルは「働きがい:満足から前向きに生きることを通した働きがいの支援」でしたが、久しぶりにメンバー同士でのロープレ実習もあり、非常に充実していました。まあ、難しいです。

で、本日は内容にふれず、今日のクラスの中で花田先生が紹介された図書を記録に残しておきます。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかモチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
(2010/07/07)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る


感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味 (シリーズケアをひらく)感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味 (シリーズケアをひらく)
(2001/03)
武井 麻子

商品詳細を見る


キャリア教育の系譜と展開キャリア教育の系譜と展開
(2008/03/01)
仙崎 武、藤田 晃之 他

商品詳細を見る


50歳までに「生き生きした老い」を準備する50歳までに「生き生きした老い」を準備する
(2008/06/07)
ジョージ・E・ヴァイラント

商品詳細を見る


人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則
(2009/08/08)
エドガー・H・シャイン

商品詳細を見る


図解 はじめる小学校キャリア教育図解 はじめる小学校キャリア教育
(2004/11)
三村 隆男

商品詳細を見る


キャリア教育の心理学―大人は、子どもと若者に何を伝えたいのかキャリア教育の心理学―大人は、子どもと若者に何を伝えたいのか
(2009/06)
下村 英雄

商品詳細を見る


恥ずかしながら既読書は1冊だけなのですが、いずれも読んでみたいものです。
で、この7冊をみて、今日はどんなお話だったのか想像がつきますか?

《2011年1月29日》 外部講師を招いた社内の研修。休日の自由参加研修にもかかわらず、様々な部署から大勢が参加してくれました。いつも冒頭で簡単な挨拶をするのですが、私の挨拶のあとで講師がいったこと。「普通、人事の方の挨拶はマイクを使ってぼそぼそとされるので、そのあとに私がマイクを使わずに大きな声で研修を始めることでインパクトをとれるのですが、今日はマイクもつかわず大きな声で挨拶をされるので、それができませんでした。元気な会社ですね」。普通の人事と違うといわれるのは、最高のほめ言葉です。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2011/01/29 21:05】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<何に対して寄り添ってラポールを形成するのか | ホーム | キャリアデザイン学会へのお誘い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1132-433bd5d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |