FC2ブログ
やる気を促す5要因 ~J.R.ハックマン
J.R.ハックマンという人が、「仕事そのものが個人のやる気を促す5要因」ということを提示しています。「職務特性モデル」として知られているもののようですが、なかなか日常のマネジメントに当てはめやすい内容です。

①仕事でいろいろな技能(スキル)が発揮できる(Skill Variety~技能多様性)
②仕事の全貌を見渡すことができる(Task identity~タスク完結性)
③全体の中で自分のやっている課業の大切さや意義が認知できる(Task siginificance~タスク重要性)
④仕事に対して自律性をもっている、つまり自分にある程度の決定が任せられている(Autonomy~自立性)
⑤やったことの評価や手応えが上司を介さずとも、仕事そのものからフィードバックされる(Feedback~フィードバック)

部下を持つ上司として、いかがでしょうか。
自分自身はこの5つを求めてるにも関わらず、部下には提供ができていないケースは多いと思います。それも意地悪をしているのではなく、無意識にそうなってしまっているのですね。逆にいえば、相当強烈に意識しなければ、なかなか部下が上記の5つを感じられるような環境を提供することは難しいものです。まずは、意識するところからはじめましょう。部下からも自分がどれくらい意識できているのかのフィードバックをもらう必要もありますね。

いうまでもなく、メンバーのモチベーションマネジメントは上司の最大の仕事です。ということで、ブログのカテゴリーに「モチベーション」というのを追加しました。



ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/05/07 22:16】 | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モチベーションと認知 | ホーム | ワーカホリズムとエンゲージメント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/115-8fdd3876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |