FC2ブログ
モチベーションと認知
中高生が先生や親から嫌なことを注意をされて「えーっそんこと言われるとモチベーションが下がるなぁ」と応答するそうです。そんなものモチベーションじゃないだろ、といいたい気もしますが、それだけ「モチベーション」という言葉が一般的になり、広く流通することになったということです。

さて、リーダーとしてメンバーのモチベーションを上げるためには何をやるべきか。簡単に答えはでませんが(いろいろな取り組みの合わせ技しかないからです)、ただ1つ答えなさいといわれれば「認知すること」でしょう。「認知」という言葉はあまりしっかりとした定義をせずに使用してしまっていますが、シンプルにいえば他者を認め、それを伝えることでしょうか。少し前に書いた「関心を持つ」ということとほぼ同じ話ですね。

「ありがとう」とほめることはもちろんそうですが、仕事の進捗に関心を持って時折質問をしてあげることや、他者より優れた言動には「すごいじゃん」といってあげることや、朝ちゃんと挨拶をしてあげることや、メールにすばやく反応してあげることや、顔色が悪ければ声をかけてあげることや、サボっている時にはしかってあげることや、きちんと名前で呼んであげることや(「派遣さん」なんて呼び方はしてませんよね)、などなど細かいレベルではたくさんありますが、とにかく「自分はこの組織に認められていて、この組織にしっかりとした居場所があるんだ」と相手が感じることが大事です。

多分、職場における「認知」は伝染します。自分は周囲から認知されていないと感じる人は、他者を認知することもなかなかできなくなってくるでしょうし、しっかりと認知をされている実感のある人は、他者に対しても同様に働きかけができるようになるでしょう。「認知」の伝染は、リーダーの努力でかなり実現ができることだと信じています。



ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/05/08 23:55】 | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっぱりミドルは要 ~「課長の教科書」から | ホーム | やる気を促す5要因 ~J.R.ハックマン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/116-9a2c7052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |