1週間が経ちました
地震発生から1週間が経ちました。

被災された皆さまには改めてお見舞い申し上げます。
また、現地で救援活動、支援活動についておられる皆様、福島原発で戦っておられる皆様には、本当に頭が下がります。本当に感動的なものを感じています。

東京にいてもいろいろなことがありました。長く、またあっという間の1週間でした。この1週間、感じたことをランダムにメモリます。

○1人でいるのは、本当に寂しい、不安だ。
○笑い声は、人を元気にさせる。
○ののしり合うのは、実に醜いものだ。
○人の親切は何ともいえずに嬉しい。
○意外と人って歩けるものだ。
○健康と体力は何よりも大事だ。
○返事や説明が早いとそれだけで安心できる、信頼できる。
○自分に軸を持たないと情報に振り回される。
○小さい判断でも、きちんと腹を括らなければならない。
○仲間がいるって、本当に素晴らしいことだ。
○良質の情報は精神安定剤だ。
○職住近接の人は羨ましい。
○今までの東京は明る過ぎた、絶対に。
○今こそ、感謝日記法だ。
○リアルタイムで情報をやりとりできる他社の仲間は大切。
○こういうときほど、今までの学びと経験が活きる。それも意外と間接的に。
○時間とおりに電車がくる幸せ、そして凄さ。
○怖がっている自分を否定してはいけない、怖いのは当たり前のこと。
○民放ってこんなにたくさん必要なのかな、必要ない。
○家に帰るとほっとする、それが家庭かな。
○日本語を丁寧に考えて情報発信をしなければならない。
○職場って素敵だ。
○美味しい食事は、人を元気にさせる。
○僕は東京が好きだ。僕は日本が好きだ。

こんなレベルで感じることができている自分は、ほんとに幸せな立場だといえます。ただ、この機会にしっかりと考えたいと思います。考えることにより、人は冷静になれるようにも思います。

《2011年3月18日》 今日はかなり交通が安定していました。これだけでものすごく心理的に安定するものですね。帰り道にみた有楽町界隈の飲み屋は、満席にはほど遠いものの、それなりに人が入っていました。けして不謹慎なことではありません。東京が、被災地以外の日本がきんち元気に機能しないと、被災地の支援もできません。何となく気になる人は食事料金の1割を義援金に寄付するというルールを自分で決めてはどうでしょうか。義援金箱を置くお店も増えています。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/03/18 22:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「アド街ック天国」と「てっぱん」に、ありがと | ホーム | 外ランチのすすめ>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/19 23:38】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1186-3d8726a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |