「想定外」と「想定以上」
震災後、いろいろな流行り言葉が出てきています。

ACのコマーシャル起因の流行り言葉はツイッターを席巻していますが、これはこれで微笑ましいものがあります。最初の1週間はほとんどテレビを見れなかったので、タイムラインに流れるつぶやきが何の意味だかまったくわからなかったのですが…。

で、気になる流行り言葉の1つに「想定外」という奴があります。

そもそもビジネスの世界に「想定外」はないはずです。
あるとすると「想定以上」。
「想定外」とは非連続的な概念、「想定以上」は連続的な概念。

ビジネスですから、当然のこととして、ある経済合理性の中で「想定」をして何事も設計します。何事にも100%、完璧はありません。ですから、そんな「想定」を超えたものは「想定以上」なのであって、けして「想定外」ではありません。リスクとコストのトレードオフの中で「想定」は決定されているはずです。

「想定外」は責任転嫁の色合いが強く出ている他責の言葉ですが、「想定以上」は自分達の想定が十分ではなかった悔しさのにじみ出る自責の言葉です。この違いは大きいと思います。

もちろんルールを根底から変えてしまうようなことが発生した場合は、これは「想定外」です。サッカーの試合でフォワードの選手がボールを持ってゴールまで走って得点しても審判が咎めなかったなどということが起こればこれは「想定外」でいいでしょうし、ゴジラやキングギドラが暴れたのであれば、これも「想定外」です。

しかし、今回の災害は確かに過去最大のものであることは間違いないのですが、やはり電力会社の幹部の方などには「想定以上」だったといって欲しいなぁと思います。現場で戦っている人も、おそらくその方が納得がいくような気もします。もちろん現場で戦う方々の行為は、そんな言葉の遊びの世界を超越しているほど、尊い行為なのですが、現場にいない人が「想定外」という言葉で物事を片付けるのを聞くのは、ちょっと聞いててつらいです。

《2011年3月25日》 今週は4日間の割には長かったです。来週はもっと長い週になりそう。これ、4月1日までにやるべき仕事は果たして無事に終わるのでしょうか。そんな帰宅時に気づいてみると、葛西臨海公園の観覧車のライトが消えてました。いつから消えてたのかな。駅を降りて振り向かないと見えない位置にあるのですが、今日まで振り向くだけの余裕がなかったのかもしれません。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を


関連記事
スポンサーサイト
【2011/03/25 23:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もうすぐ4月1日ですね | ホーム | 「レジリエンス」~今、もっとも求められる言葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1193-dbf0411d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |