もうすぐ4月1日ですね
もうすぐ4月1日ですね。

今年もいつもと同じように新卒新入社員が入ってきます。そして入社式が執り行われます。多くの大学では入学式を延期する話が伝えられていますが、入社式はほとんどの会社が通常とおりに実施するようです。

入社式のあとは、新入社員研修です。今年の新入社員は超氷河期の採用戦線を勝ち残った(?)面々ですが、過去にない状況の中での入社となります。

先週、担当者から全内定者に電話を入れましたが、それなりに不安を感じている人も少なくないように感じられました。社会に出ること自体が不安であるのは当然のことです。しかし、今年はそれ以外に漠然とした不安が蔓延しています。漠然としているからこそ、これは難しいのです。

数名からは「内定取り消し」があるんじゃないかと心配していたという声を聞きました。そんなことを内定者が思っているとは考えてもみなかったのですが、内定者の方が私たち社会人よりも危機意識が強いことに少しはっとさせられました。それだけ彼らは厳しい環境の中で就職活動を進めてきたのかもしれません。

就職で初めて地方から東京に出てくる新入社員の不安も小さくありません。

これには個人差がかなり激しいと思いますが、福島の原子力発電所の放射能のニュースが続くことや、計画停電やモノ不足のニュースなど、東京の実態がよくわからない中で、身寄りや知り合いもなく、地理もわからない東京に1人で出てくること自体が不安であるのは当然のことです。また、おそらく本人以上に親御さんが心配されているのではないでしょうか。

そんな中で入社式、そして新入社員研修が始まります。

カリキュラムも配属先も走りながら決めていく、変えていくという部分がかなり出てきています。決められたカリキュラムを粛々とこなすというのは、研修ではありません。日々の状況の変化、新入社員の状況を見ながら必要な修正を常に考えなければなりません。担当者にはかなり厳しい対応を強いることになりますが、プロのはしくれであれば、当然対処をしなければなりません。

新入社員研修の開講挨拶で何を訴えかけるか。例年以上に考えなければなりません。あと数日ですが、その日までの状況によって話す内容も変わってくることと思います。

《2011年3月26日》 先週に続き、朝の葛西臨海公園めぐり&朝マック。ソーセージエッグマフインセットは本当に完成された食べ物ですね。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/03/26 23:26】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第83回選抜高校野球選手宣誓 | ホーム | 「想定外」と「想定以上」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1194-4c05430e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |