FC2ブログ
ペッカーさん、出会いと思い付きの帰結として
新入社員研修も終盤。そして、今日の夕方には配属辞令交付式。

配属辞令交付式の日の午前中のカリキュラムに選んだのは「ペッカーさん」です。これは、我ながらヒットだったんじゃないかと思います。

ペッカーさんは大変に著名なパーカッショニスト。あといろいろなCMのナレーションもされているので、誰しもお声は聞いたことがある方です。底抜けに明るく、そして暖かい方です。一緒にいるだけで人生が豊かになるような気持ちになります。そんなペッカーさんが取り組まれているものの1つが「ドラムサークル」。「ドラムサークル」とはわかったようなわからないような理解なのですが、世界各国のドラムや打楽器を使って、文字どおり輪(サークル)になって皆で即興音楽を楽しむイベントです。富士山をバックにやるものもあるそうで、なかなか魅力的です。そんな要素を社員研修に取り入れようという取り組みをペッカーさんは進めています。そして素晴らしい人事仲間のおかげでペッカーさんと知り合い、とんとん拍子に今日を迎えました。

震災により伝統的に実施してきた入社前合宿を辞めざるを得なくなったとき、その代わりに何か未来に向けたカリキュラムを入れたいと思って、思いついたのがまさにペッカーさんです。ペッカーさんに出会ったのは、震災の前の週のことです。

「出会い」と「思いつき」で実現できた今日の研修。あっという間の3時間でした。

言葉でレクチャーしても、グループディスカションをしても、なかなか腑に落ちないことが、リズムとともに行動に移すことで腹落ちする、そんな感覚を多くが味わってくれたと思います。そんな中から、多くの新入社員が「とにかくやってみることの大切さ」を学んでくれたといっていたのは嬉しい限りです。そう、配属先では四の五の考えて動かないよりも、まずは言われたことをやってみる、思ったことをやってみる、それが大切です。

それにしても、「出会い」と「思いつき」はまさに私らしさそのものです。この「思いつき」によってメンバーにいつも苦労をかけていますが、思いついてしまうものは止められないのです。


《2011年4月26日》 実は今日も体調、目茶悪しです。でも、午前中のペッカーさんはきちんと乗り切りました。脂汗かいてましたけど。午後はさらにメタメタ。でも、夕方の配属通知の交付はきちんとやったつもりです。人生で1枚きりの初任配属通知、誰しも自分がもらった配属通知が一番のもの、自分の決まった配属先が最高の配属先、自分の出会う上司が最高の上司だと思って、第一歩を踏み出して欲しいです。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2011/04/26 22:20】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キャリアデザイン学会の研究会、最終案内などなど | ホーム | 本当の戦いはインフラが整ってからです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1226-6a9a1cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |