キャリアデザイン学会・研究会、というよりもその後の打ち上げ
5月7日(土)の日本キャリアデザイン学会第3回東京地区研究会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。ブログの場を使ってというのも何ですが、御礼をいたします。

昨年にキャリアカウンセリング協会のスーパーバイザー養成講座で、久々に川喜多先生にお会いしたのがご縁で、昨年末から研究会企画委員を担当させていただき、担当させていただいた初めての会が盛況に終わりホッとしています。ただ、これは私の力というわけではなく、強力なスピーカーであるホッピー社の石渡社長におかげです。人の縁には感謝しなければならないですね。

実は研究会終了後、身内で打ち上げをやりました。題して「ホッピーと学びの夕べ」。今日はこの企画の内幕を整理します。関係者の皆様、勝手に書いてしまってすみません。

もともと石渡社長とは終了後にホッピーを飲みながら内輪で打ち上げをしようという話をしていました。で、会場近くの生ホッピーが飲める店の2階を貸し切ろうなどとたくらんでいました。そこのキャパは詰め込みに詰め込んで20名くらい。研究会参加者が100名ですから、そんなものかなと思ってました。

そんなときに、東京大学の中原先生とやり取りをする中で、今回のテーマ的に「ラーニングイノベーション論」(慶應義塾大学丸の内シティキャンパス)と「人材発達支援塾」(日本生産性本部)での活動と関連性がある話であり、終了後に合同で何かやりませんか…的な話になりました。私は両方に参加している数少ない身であり、そりゃ楽しそうだなと思い、慶應MCCの保谷さん、生産性本部の矢吹さん・大西さんとすぐに相談を開始。で、双方の関係者の皆様にもアナウンスをいただき…という流れになりました。ただし、申し込みの途中経過をみていると、とてもではないですが20名には収まらないのがすぐに明白に。ホッピー社の石渡社長と石津カレラ嬢に相談をしたところ、赤坂のホッピー本社のあるピルの地下に位置する素敵なラテンバー「アンベ・クワトロ」を貸し切ろうという話になりました。これなら40名になっても全然大丈夫という急展開です。

で、それ以外にももともと終了後に飲みたいといっていた方などにも声をかけ、40名程度の会を想定。せっかくやるのですから、ただの飲み会ではなく、ちょっと「ラーニング」色を入れようということにもなり、企画の検討が始まりました。これらのすべてが連休直前から始まり、一度も集まることなく、メールのやり取りだけが連休中も続き、出欠確認と企画の詰めをしました。

企画は結局はシンプルに。「石渡社長の講演を聞いて感じたことを漢字一文字で表現」して、それを自分の名前とともにシールに書き込み、胸に貼ります。会の途中でこれを使っての初めて会う人とのリフレクションをする、それだけです。もちろん主役は美味しいホッピーと参加者ですから。ただ、このシールがちゃんとオリジナルになっていたり…、よく忙しい中で作っていただいたという感謝ものです。

次の課題は司会者です。これは「ラーニングイノベーション論」と「人材発達支援塾」のメンバーでない人にアウエー感一杯でやってもらうといいかなと思ったところ、やって欲しい人の映像が自然と浮かんできました。さすがに1人におっつけるのは恐縮なので男女2名にしようかなと思ったのですが、まず1人目は食品シェアードサービス連絡会で知り合い、慶應のAAA3.0でも一緒、一時期は毎年夏に葉山合宿をやった仲であるサッポロビールの吉原さん。カナダから帰国して歓迎会もやっていないのに、三浦海岸から電話で依頼、何の躊躇もなく即応されるあたりが素敵です。そして、もう1人は採用担当者の集まりである「5時間会」でご一緒しているチュチュアンナの森岡さん。ペッカーさんとの出会いの演出人でもあります。こちらも突然メールでお願いしたところ、これも躊躇なく快諾。これで立てつけ完了です。

一度動き始めたものは、主催者の制御を離れてどんどん動き続けます。そう「場」は活きているんです。

中原先生からのご案内で、フリービットの酒井穣さん、ラーンウェルの関根雅泰さん、【ちゑや】の中村店主、それから今や法政大学の長岡先生等のラーニングイノベーション論チームとしてはお馴染みの皆様もご参加。クローズドな会だったはずが、知り合いが知り合いを誘い、結果的には50名を超える参加者リストになりました。ホッピーチームと「アンベ・クワトロ」様のご配慮により、椅子を追加したり何やらで、受け入れ体制はばっちりです。

保谷さんが作成した進行表を研究会終了後に(つまり直前に)司会のお2人に渡し、役割分担もその場でやって、受付は保谷・矢吹・大西の精鋭部隊が担当。名簿に入っていない方も、その場の流れで何人も来ていただき、ホッピーチームも入れると60名を超える陣容になったのではないでしょうか。研究会にこられて打ち上げのご案内ができなかった方には逆に大変に申し訳ない思いです。

それにしても、司会の人選は我ながら大成功でした。司会力でかなり会は違ってきますよね。

乾杯の前に、にっぽんお好み焼き協会事務局担当でもあるホッピー社の浅見さんからホッピーの最も美味しい「三冷ホッピー」についての蘊蓄が披露され、2オクターブ高い声の乾杯で宴は始まります。

今回は私は8割くらいの方ともともと知り合いでしたが、ある意味「多様性」を意識してかなりいろいろなグループから参加者を集めたので、結構、越境性のある会になったと思います。そんな中で、なんといっても楽しいのが、ばったり知り合いに会うという偶然があちこちで発生したこと。中には10年ぶりの再会なんてのもありました。やはりこの世界は狭いです。

そしてさらに凄いのは、ホッピーの生ダルを2本ご用意いただいたにもかかわらず、まったく供給が追いつかなくなり、最終的には4本の生ダルをカラにしたとのこと。これにはホッピー社の大森さんも苦笑いです。浅見さん、石津さん、桜井さんに加えて、大森さん自ら、そして時には石渡社長自らもホッピーをサーブしていただき、これはもう頭が下がる思いです。でも、間違いなくファンが増えたはずです。何といっても、あの社員達が造り、販売しているんだと思って飲むと、美味しさ倍増ですからね。

あとは実は裏で、別企画が進んでいました。ラーニングイノベーション論2期生で今回は不参加の冨澤さんが明日誕生日を迎えるというので、びっくりムービーを岸さんが中心に会場で作成されていました。中原先生、長岡先生からも言葉をいただき、二次会にもしっかりいたはずの岸さんが、たぶん帰宅後に寝ずに加工されたのだと思いますが、翌日誕生日の8時にはユーチューブでアップされていました。凄いです2期生。三浦のU理論合宿を企画したのもこの方たちです。

終了後には場所を変えずに「アンベ・クワトロ」さんにて二次会。かなり無茶な利用をさせていただいた萩原オーナーにも感謝です。また、この方の語りもすごくいいんです。是非、お店を訪れてみてください。

今回は大変に嬉しいことがいくつもありました。

例えば、【ちゑや】の中村ご店主が「これはとても怪しい」といってくださったこと。最大の評価です。キャリアデザイン学会、ホッピー、ラテンバー、確かに素晴らしい怪しさです。
あと、翌日に慶應義塾大学の牛島先生につぶやきいただいた「震災以降、間違いなく一番元気のある集まりでした」という言葉。これぞ、今回の研究会・打ち上げを貫く隠れテーマそのものです。

短時間で楽しい場を創出できたのは、運営に関わった皆さんのチームワークと物好き根性と学びを前のめりに楽しむ力の賜物です。仲間がいる、そして越境する、美味しい食べ物と飲み物がある、そして前のめりの学びがある、そういったことが私たちを元気にするんだということを改めて実感しました。そして何といっても、そんな私たちの思いを受け止めてくださったホッピー・チームのサービス精神とホスピタリティのおかげです。

ご参加された1人ひとりのエピソードを書きたいところですが、このくらいでやめておきます。

これで連休もお終いですね。明日からは果てしなき日常がまたやってきます。そちらはそちらで楽しみながら進めましょう。

《2011年5月8日》 母の日、ちょっと嬉しいこともありましたが、じっくり取り組みます。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/05/08 23:02】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<生産性向上ではなく徹底したムダの排除~トヨタ生産方式④ | ホーム | 「リレーのバトンタッチゾーンのようにある幅を持たせて仕事のやりとりをする」~トヨタ生産方式③>>
コメント
ありがとうございました!
中原です。

今回の企画は、田中さん、そして石渡さん、ホッピーの方々のご理解・ご尽力がなければ、実現すらできなかったと感じています。「前のめりの学び」の機会をありがとうございました。また、司会をしてくださったお二人、受付・WSの準備をしてくださった日本生産性本部の矢吹さん、大西さん、慶應MCCの保谷さんにも、大変お世話になりました。心より感謝いたします。

「僕等にとっては、もう越境というのが普通になっていますよね」と田中さんが言われていたことが、非常に印象的でした。

ありがとうございました。
中原淳
【2011/05/09 06:25】 URL | 中原 淳 #4fh/MrmU[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1240-5aa018ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |