ミレニアム会
自分はいったいいくつの会にはいっているんだろうと思う時があります。

今度、時間をつくって、大から小まで、自分か参加している会をプロットしてみようかなと思います。多分、人事・キャリア・ビジネス・フードの4象限に分かれるんじゃないでしょうか。

今日はその中で「ビジネス領域」の会でした。名前は「ミレニアム会」。

おおよその人が想像がつくと思いますが、1999年~2000年にかけてできた会です。ミレニアムというと2000年問題狂想曲を思い出しますね。強迫的危機管理がいきついたケースだったともいえますが、終わってみればちょっと茶番。でも、危機管理ってそういうものかもしれません。さて、今の状況と対比してどうでしょうか。

で、この会ですが「社団法人総合研究フォーラム」という大変に由緒ある組織が運営する勉強会「フォーラム’80」に1999年に通っていたメンバーのOB会です。今、ホームページをみたら65期生の募集中でした。各社から中堅社員が派遣され、極めて幅広い分野の一人者の話を毎週聞き、飲んで語り合いました。極めて贅沢な機会だったと思います。東南アジア5カ国視察旅行もしましたし、プライベート北海道ツアーもありました。外務省の息がかかっていることもあり、各国では大使館や大使公邸に招かれたりなんてのもありました。

そんな会のOB会ですが12年を経てまだ続いています。それも凄いのが毎月第2水曜日に定期的に同じ店でやっているのです。これもただの飲み会にせずに、各方面の専門家がそろっているので、誰かがスピーカーになっての勉強会&飲み会というスタイルになっています。今日は会計事務所のメンバーから「IFRS」の話。そういうと皆の子供がまだ小さかった10年近く前には、葛西臨海公園のバーベキュー大会などの家族企画も結構、やったりしてました。

この会は結構、ちゃんと組織化しており、年会費1万円を口座振替で徴収しています。毎年、互選で幹事長を決め、各担当も定めています。また、毎月の飲み代は年会費から半額近く補助を出す仕組みにしているので、参加すれば参加するほどお得という仕組みにもなっています。会が続くためには、いろいろな工夫が必要ですが、何といっても黙ってても幹事役をやってくれる人が何人かいるというのが一番大きいですね。

人との縁はつくるよりも続ける方が大変…。特に年を経て、人との縁がたくさん蓄積すると、これはもう大変です。不義理をしてしまっては、縁は続きません。

《2011年5月11日》 夕方から東西線が止まっていたみたいですね。おかげで葛西臨海公園の駅も珍しく大混雑だったそうな。私は遅く帰ったので、何もないような世界が広がっていましたが。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/05/11 23:42】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コミュニケーション能力重視の不思議 | ホーム | 前年比較がない戦略立案の楽しさ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1242-9d70e36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |