コミュニケーション能力重視の不思議
株式会社リンクアンドモチベーションの研究機関『モチベーション研究所』が、経営者305人に対して実施した「求める人材について」の調査の結果が今日はいろいろなサイトで出回ってました。まずは内容の抜粋です。

*************************************************
経営者に、新入社員に対して求める素質を尋ねると、1位は「コミュニケーション能力」(52.8%)、2位「主体性」(38.0%)、3位「課題解決力」(29.8%)となった。

近年の新入社員の質を尋ねると、「レベルが落ちている」(「やや落ちている」と「落ちているの合計)が48.8%を占め、「特に変わらない」が37.4%、「高くなっている」が13.8%となった。

近年の新入社員について、以前の新入社員と比べ最も悪くなった点を尋ねると、「コミュニケーション能力」(22.0%)、「主体性」(21.3%)、「ストレス耐性」(14.8%)が上位を占めた。

近年の新入社員について、以前の新入社員と比べ最もよくなった点を尋ねると、「PCスキル」(30.5%)が特出した。

理想の新入社員を尋ねると、男性は1位 石川遼、2位 坂本龍馬、3位 豊臣秀吉、女性は1位 上戸彩、2位 蓮舫、3位 津田梅子となった。

本調査は、305名の企業経営者に2011年4月9日~4月12日に行った。
*************************************************

コミュニケーション能力ですね、まぁ。昨年「Works」誌が採用に関する特集を打った中で、「今の新卒採用選考は面接選考重視に偏重し過ぎている。いかに面接で構造化しようと、普通の面接官が見極められるのは、しょせんコミュニケーション能力くらいだ。コミュニケーション能力がある学生であれば、他の能力もあるようにみせることができる」といった感じの記事があり、もの凄く印象に残っています。

で、このアンケート結果ですから、コミュニケーション能力しか見極められないような印象面接を繰り広げてる新卒採用選考というのは、実はなかなか合理的であった、ということになってしまいます。しかし、わざわざコミュニケーション能力という素養を求めて、何万人も採用母集団を構築し、何回もセミナーを開催し、のべ何100名もの社員を動員して採用をしているのでしょうか。これで競争力のある人材が確保できるのか心配です。

確かにコミュニケーション能力のある学生は、新入社員研修ではそこそこできて、配属後も立ち上がりが早いことは早いですが、そのあとに大成するとは限りません。ましてや自社の競争力の源泉になるとも限りません。そこには、また別の素養があるのではないでしょうか。コミュニケーション能力重視の傾向は、新卒採用担当者や新入社員研修担当者が楽ができる、アラがすぐには出にくいという、少なくとも非難されにくいとか、そんなつまらないところから生まれてきているところもあるかもしれません。この風潮が社内で強まると、一次面接などの初期選考を担当する若手人事担当者が、コミュニケーションが上手にとれそうで如才のない学生ばかりを上にあげて、最終面接に出る役員クラスにとっては、似たような面白みのない、それでいて高学歴でそこそこそつない面接ができる学生ばかりにしか会えないという不幸にもつながります。もっと困るケースは、学生のコミュニケーション能力の力の前で面接官がついつい他の要素を見極めずに次のステップにあげてしまう場合があります。こういった学生は、就職活動をそこそこ勝ちぬくコンピテンシーは備えていますが、それ以降のことは保証ができません。

ここ数日、今の新卒採用をひねくれた角度からみてみようと思っているので、なんにでも反応してひねくれてしまいます。

《2011年5月12日》 目一杯残業。こんな日が作れると仕事が締まりますし、気持ち的にも楽になります。深夜帰宅後、なぜか酒盛り開始。まあ、木曜日だからいいか。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を

関連記事
スポンサーサイト
【2011/05/12 23:59】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<今年は葉山が復活するかも… | ホーム | ミレニアム会>>
コメント
初めまして、竜崎ともうします。

コミュニケーション能力は社会で生きていく中で、
お金を稼ぐにあたって、

最重要項目の一つだと思っています。



【2011/05/18 14:29】 URL | 竜崎 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1243-1f569f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |