FC2ブログ
「半ドン」
ここのところ結構ゆるいブログを書いていますが、今日もゆるゆるで行きます。

さわやかな夏の朝、という感じでしたが、今日は普通に出社。午前中に突然、ミーティングが入ったためです。で、お昼まで仕事をして退社。この感覚、何年ぶりでしょうか。「半ドン」ってやつですよ。知っていますか、この日本語。

まだ、日本が元気だったとされる頃、私たちは土曜日も普通に仕事をしていました。私が社会人になった時は、各週週休2日制といって、2週間に1日土曜日勤務があるという感じでした。まだ、ワークライフバランスなどという外来語がなく、勤労が美徳といわれており、労働基準監督署もおおらかで、時任三郎がコマーシャルソングで「24時間戦えますか」と歌っていた時代のお話です。

その後、週休2日制が導入され、時短やワークライフバランスの掛け声が強まってきました。日本の最大の資源は優秀な労働力だといわれてきました。その労働力を惜しげもなく長時間投入して日本の経済は成長してきたのですが、ビジネス上の勝利の方程式にパラダイム・シフトが起こり、「効率性の向上」から「創造性の発揮」にそれが移った今、長時間労働が見直されるのは当然のことではあります。しかし、長時間労働が見直され、創造性の発揮もされないようでは、悪いとこどりです。これでは日本は絶対に負けます。私たちは、増えた休日を創造性の発揮につながる何かに費やす義務があります。ぼーっとしてたり、単に暇をつぶしていたりするくらいでしたら、以前の日本のように土曜日も働いた方がたぶん、競争力には寄与します。完全週休2日制が導入されることになった時、営業の先輩たちはどうやって土曜日を費やせばいいのか、休みの休み方がわからないと随分ぼやいていました。

話が長いことずれましたが、土曜日の勤務を「半ドン」といっていたのですね。

なぜか土曜日はお昼で仕事が終わるのです。私は当時は営業マンでしたが、半日外に出るのももったいないので、土曜日は結構、会社にいる先輩たちが多かったような気がします。たまった旅費精算(なぜ旅費精算というのはたまるのでしょうか)をしたり、条件票を書いたり…、そんなことをよくしていたように思います。そーして、お昼になると社員食堂ではなく、近所(人形町)に美味しいものを皆で食べに行き、そのあとの土曜日の午後は不思議な余裕の時間でした。ゴルフの練習に先輩に連れていったもらってり、麻雀に引き込まれたりなどというのもありましたが…。

で、今日の「半ドン」では、まっさきに病院に行き、診察終了後に昼食。病院が神保町だったのでどっかでラーメンと思ったのですが、「バリ男」の新店が靖国通りぞいにできていたので、ここにチャレンジ。ジローインスパイア系ですが、量・味ともにマイルドです。ニンニクも卓上に置いて勝手に入れる仕組みです。麺は三河屋製麺。最近は新店の麺は、三河屋製麺、カネジン食品、浅草開化楼の占有度が高いですね。それにしても、「神保町二郎」、「用心棒」に続いて「バリ男」と神保町は二郎の街になりつつあります。他にも10軒近く、いってもいいラーメン屋もありますし、ほんとにランチ天国の街ですね。

で、「バリ男」でのBGMは初期のサザンオールスターズ。だいたい「10ナンバーズからっと」ぐらいの時期の選曲が続きます。これまた「半ドン」があった頃の日本を思い出します。それから、床屋へ。病院・床屋というのは、時間がないとなかなか行けないもので、「半ドン」を有効に活用しました。そして、本屋に少しよって、さらにはあまりに暑いのでスタバで一休みして夕方には帰宅。

暑いというと、病院が暑かったです。冷房の温度調整によるものでしょうが、この夏は28度未満の冷房はこの国では許されないという雰囲気ですね。ただ、病院が暑くて体調を崩すようではしゃれにならないように想いますが。私の会社の入るビル・オーナーからも、夏場の節電対策の指針が金曜日に出ましたが、果たしてこの環境で社員が全員生き延びられるのかが心配になるような内容でした。28度空調は覚悟していましたが、さらにフロア輪番で1時間ずつ日中に空調を止めるといっています。窓のないオフィスでこれに耐えられるものでしょうか。会社としての対策を今日・明日で整理するところです。

とても珍しく、日記めいたブログになりました。夜はホルモンを食べに繰り出そうと思います。




ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を





関連記事
スポンサーサイト



【2011/05/14 17:55】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ちょっと整理です…5月前半編 | ホーム | 今年は葉山が復活するかも…>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/05/18 02:23】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1245-28e117b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |