他社の人事担当者と取り組む戦略立案
本来ですと2012年度新卒採用を終え、2013年度新卒採用の戦略立案に入っている季節かもしれませんが、当社の場合はまだまだこれからが2012年度の本番です。

次年度の新卒採用については、大手就職支援企業がサイトオープンを遅らせるなど、いろいろな変動要素があります。また、商社を中心とした今年は6月採用にした大手企業がどうするかといったこともありますね。ただ、あんまりそんなこと考えてもしょうがないかなぁというのが最近の気持ちです。逆にこういう年は十分に本質的な議論をして、普段はできないような検討をしてみるのがいいかなということで、新卒採用担当というのは当面設けずに、人事内の希望者によるプロジェクトを作って、合目的的に傾斜しすぎない検討をしばらくやろうということにしました。

さらに、社内だけでは発想も限られようということで、他社の人事の方3名、就職ビジネスにおられる方1名にも手弁当で入っていただき(感謝)、先日、第1回プロジェクトを開催しました。

私はそもそも日本企業には人事部は全国に1つあればいいという感覚を持っていますので、他社の方に戦略立案に入っていただくことにはまったく違和感がありませんし、ものすごく刺激をいただけました。

このことをツイッターにつぶやいたら、いろいろな反響がありました。基本的には、皆さん、ポジティブな反応です。私、個人としては、組織にとってプラスでもあり、自分自身も楽しめる枠組みを作ることが何よりも大切だと思っています。組織軸と個人軸の両立の大切さを意識しながら、新たなことをやっていくというのが、これからの主流になるのではないでしょうか。


《2011年5月19日》 すごい素敵な1日でした。詳しくはまたね。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2011/05/19 23:57】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<成長する企業のみが雇用を生む | ホーム | モラルダウンなのか、就職活動における学生の適応行為なのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1250-7330dfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |