Works Symposium 2011
本日は「Works Symposium 2011」、ワークス研究所の年に1回の研究発表会です。私は「Works」という本が本当に大好きですので、人事担当者にとっての年に1度の七夕のような気持ちでいつもお邪魔します。

ただ、今年は業務多忙のため、どうしても午前中の会には参加できず、中原先生とはすれ違いです。それでも、午後の3セッションに参加し、その後に会場で開かれた懇親会にも出席してきました。

今年のテーマは「人材開発のこれから~育つ環境、育てる仕組みをどう作るか」。

セッションすべてが同一テーマのもとにデザインされており、出入り自由です。受付の際に参加証を出すのですが、私の参加証には事前登録セッションが印字されていなかったので、あれ?登録し忘れたかなと思ったのですが、今回は事前登録という仕組み自体を止めていたのですね。これはとてもありがたいです。

私は悩んだ結果、「A1:リーダーシップと専門性から成長のメカニズムを分析する」「B2:事業創造リーダーの創造」「B3:21世紀の仕事・キャリアを考える」の3つを聞きました。ただ、懇親会でお話を聞くと、是非聞きたかったセッションが他にもあり、あとで資料をねだろうかと思っています。

時間がとれたら1つ1つきちんとリフレクションしたいと思いますが、ちょっとさわりだけを振り返りますね。

「A1:リーダーシップと専門性から成長のメカニズムを分析する」では、よく存じ上げている宮脇さんと菅牟田さんがゲスト参加され、「21世紀のキャリアを考える研究会」の成果をベースに、リーダーシップと専門性の2軸からみた成長段階を整理します。内容的にはかなりうなずける、実感に近いものです。リーダーシップを深化する時期、専門性を深化する時期があり、私の年代ではリーダーシップと専門性の統合的発達を遂げていなければならないということなのですが、果たして自分はどうでしょうか。

「B2:事業創造リーダーの創造」では、事業創造人材を11の特性でとらえます。15名の実在の事業創造人材へのインタビューから導きだしたものだそうです。

例えば11の特性の1つに「決める」というのがあります。そりゃ決めることができないと話にならないとは思いまずか、果たして「決める」って何でしょうか。ここでの「決める」というのは、例えば40%しか見えてないところでものごとを「決める」ことです。100%近く見えてからでは、もう「決める」必要などないわけです。まだこの状況じゃ決めるだけの材料が揃っていませんよ、という段階でものごとを「決める」ことが本当に決めるということなのでしょう。ただし、それは単なるエイヤーではありません。最後にこの報告では、事業創造人材を「青黒い」人と総括しています。青臭いだけの甘ちゃんじゃない、腹黒いだけの下衆でもない。そんな人たちです。

「B3:21世紀の仕事・キャリアを考える」は、素敵なゲストを招きながらも、ほぼ高橋俊介先生の独壇場になりました。もちろん想定内のことだとは思いますが。しかし、今回のテーマは実に面白い。前のめりになりました。何回かに分けてここでも整理したいと思います。7月にGCDFの継続学習にご登壇されますが、今日の延長上の話であれば是非聞きたいと思います。あと、パーティ・ストリームにもご登場ですね。こちらはいけるかどうか少々微妙です。

そして、懇親会。とても久しぶりの方にもお会いしましたし、またここでもですねという方にもお会いしました。初めてご挨拶させていただいた方も数々。終盤には、直前に交代された小山前編集長と中重新編集長のご挨拶があり、いずれもお人柄が出ていて素敵でした。それにしても、この会の帰り道は大変です。なんといっても、書類の荷物が山ほどになり鞄が重くて難儀します。けして広告やパンフレットが入っているわけではありません。ここが他のセミナー類とは違うところ。1年間の濃厚な成果をたくさん持ち帰らせていただくことができるのです。これらすべてをすぐにはなかなか読めはしないのですが、忘れた頃に少しずつ紐解き始め、来年のまたこの企画の日までには読み終える、そんな感じのお付き合いになります。

比較的、大きなネームプレートをいただき、それにはあらかじめ社名・氏名が印字されています。よくある名刺を入れる奴とは違います。ただ、ネームプレートは大きいのですが、文字がとても小さい、特に社名はすごく小さい文字。懇親会のときに、会社名をみたいと思ってもちょっと難しいほどです。不満はここだけで、後は全体的に例年にも増していい雰囲気の会だったと思います。来年も楽しみにしています。

《2011年5月27日》 さあ、明日は終日研修ですが、月曜日までに大物の仕事を4つ片づけなければなりません。普通でしたら、1カ月くらいじっくり考えるようなものが、てんこ盛りになってます。家庭の用事も盛りだくさんでかなり厳しいところですが、昨日から24時間考え続けているので、だいたい方向性は整理できてきています。あとは、言霊が乗り移ってくれるかどうかです。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を


関連記事
スポンサーサイト
【2011/05/27 23:11】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<内定者教育について①~内定時代の2面性 | ホーム | 好み焼きに関する壁>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/1259-e3c6a37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |